洗練のデザインと充実の機能で世界中のライダーに選ばれているLS2 HELMETS

  • 2022/03/01
  • 【BRAND POST】LS2 HELMETS
LS2ヘルメットのイメージ画像

スペインのバルセロナに拠点を構える生産出荷量実績世界トップレベル(OEM含む)のバイク用ヘルメットメーカーLS2 HELMETSは、果たしてどういったメーカーなのか? その製品作りから、注目の最新ヘルメットまでご紹介していきます。

●BRAND POST提供:LS2 HELMETS

ヨーロッパで生まれたヘルメットブランドLS2 HELMETS

1990年からOEMヘルメットメーカーとして技術を積み上げてきたLS2 HELMETSは、2007年に世界戦略ブランドとしてスタートしました。

以降、活発にニューモデル開発を行うと共に、惜しみない生産設備への注力を行い、今や欧米市場を中心に世界96か国のライダーに愛用されるヘルメットブランドとなっています。年間出荷数はOEMを含むと260万個を超えて世界トップクラスのシェアを持つまでになりました。

LS2 HELMETSは日本国内へも上陸を果たし、近年ではバイク用品店の店頭や路上でライダーが着用する姿を目にすることも増えてきています。

そのラインナップはFIM/MFJ公認のレーシングモデルから、ツーリングライダー向けのシステムヘルメット、アドベンチャーやトレール車にもピッタリなオフロード向けヘルメットまで、実に多彩。


LS2ヘルメットの製品群

[写真タップで拡大]

また、躍動感あるフォルムやカラーリングは他のヘルメットとは一線を画しており、大きな魅力のひとつにもなっています。

それもそのはず、LS2 HELMETSは芸術の国として名高いスペインのバルセロナに本社とデザインスタジオを構えているのです。

LS2本社

[写真タップで拡大]

自社で設計やデザインを行うのはもちろんのこと、帽体、EPS、インナー縫製などヘルメットに必要なパーツ類まで自社工場にて生産し、高い完成度を実現しています。

揺るぎない安全性の追求

LS2 HELMETS生産工場では世界各国の基準に合わせた安全試験を行うことができる試験棟を有し、海外メーカーでありながら日本の安全基準である「SGマーク」の認証工場に登録を受けています。

LS2製品テストのイメージ

[写真タップで拡大]

日本向け製品ではSG基準の安全測定機器を使ったテストを行い、SG基準をクリアした製品が導入されているため、安心して使用することができるのです。

LS2フランス警察に正式採用

[写真タップで拡大]

こうした安全性への取り組みが評価され、2021年にはフランス警察のヘルメットとして正式採用されました。また、同じ年にブラジル大統領への贈答品となったことも話題となりました。

レースシーンでも活躍するLS2 HELMETS

新発売されたロードスポーツ向けカーボンヘルメットの「THUNDER C GP」は、FIM公認とMFJ2022年規格公認を取得しており、サーキットにおいても使用することができます。

John McPhee  moto3

[写真タップで拡大]

この「THUNDER C GP」の市販品はMoto3を戦うJohn McPhee選手の被っているものと全く同じものとなっており、そのプロライダーのための高性能を一般ライダーも同じように享受することができるのです。

その他にも、Moto2やWSBK、EWC等においてもプロフェッショナルライダーのサポートを行なっています。

高品質かつ充実の機能性を有するヘルメットをお求めやすいプライスで

LS2 HELMETSの製品は他メーカーの同クラスのヘルメットと比べて、圧倒的にリーズナブル。価格の面でも大きな魅力を持っています。ニューモデルのCHALLENGER C GTは、カーボン帽体でありながら¥54,780(税込)という低価格を実現し、多くのライダーに選ばれています。

LS2 HELMETS日本の正規代理店となるのが「セイデン」

日本においてLS2 HELMETSの正規品の総代理店を務めるのが株式会社セイデンです。

セイデンはLS2 HELMETSのラインナップの中からSG/PSC規格に適合品であることを念頭に、使用シーン、着用感を吟味し、メーカーと打ち合わせを重ねて日本導入商品を決定しています。

また、時には日本のユーザーの声を吸い上げて、製品のブラッシュアップを行うこともあり、日本オリジナルカラーの開発導入なども積極的に行なっています。

こうした正規代理店としての取り組みによって、バイク初心者や初めて海外メーカーのヘルメットを使うユーザーでも、安心してLS2 HELMETSを使うことができるような体制を構築しています。

ここからは、そんなLS2 HELMETSのラインナップの中から代表的な製品を一部ご紹介していきます。

FIM&MFJ公認のカーボンレーシングフルフェイス

THUNDER C GP

LS2 THUNDER C GP

[写真タップで拡大]

多層のカーボンファイバーにより衝撃吸収性と抜群の軽さを実現したレーシングフルフェイス。ヨーロッパの安全基準「ECE R」、日本のSG/PSCだけでなく、FIM/MFJの規格をクリアしているので、スーパースポーツオーナーやサンデーレーサーに最適。

高いツーリング性能を持つアドベンチャーモデル

EXPLORER F

LS2 EXPLORER F

[写真タップで拡大]

オフロードヘルメットに大型シールドやインナーシールド、充実のベンチレーションなど様々な機能を詰め込んだEXPLORER F。オフロードや林道での使い勝手はもちろんのこと、今人気のビッグオフ/アドベンチャーモデルとのマッチングも良好。快適なツーリングを楽しめる。

人気ツーリングフルフェイスのカーボンバージョン

CHALLENGER C GT

LS2 CHALLENGER C GT

[写真タップで拡大]

LS2 HELMETSの人気ツーリングフルフェイスCHALLENGER Fの機能を拡充し、カーボン帽体を採用したプレミアムモデル。視野角の大きなシールドや大型インナーシールド、さらにカーボンだから実現できた軽さが長距離を駆けるツーリングライダーの快適性を約束する。

快適な視界と充実の機能を誇るツーリングフルフェイス

CHALLENGER F

LS2 CHALLENGER F

[写真タップで拡大]

流麗なエアロダイナミクスフォルムが美しいCHALLENGER Fは、軽量かつ高耐久のグラスファイバー帽体のツーリングフルフェイス。ヘルメット後方に配されたスポイラーにより、高速走行時の安定性を確保する。大型インナーバイザー装備で強い日差しの中でもクリアな視界を保つ。

優れた通気性で開放感あふれる被り心地

COPTER

LS2 COPER

[写真タップで拡大]

頭頂部左右に配された大型エアーベンチレーションにより、走行風を豊富に導入。快適なかぶり心地を実現するCOPTER。クリアな視界のUVカットシールドに、まぶしい日中に便利なインナーシールドも装備し、街乗りからツーリングまで幅広いシーンで活躍する。

※本記事は株式会社セイデンが提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース