インドヤマハFZ-X 試乗インプレッション【XSR系の特徴的な丸目ちゃん】

ヤマハFZ-X

数多くの車両販売を手掛けるバイク館が、輸入バイクをテーマとした試乗会を開催。価格の安さもさることながら、ギラついた個性の強さが面白いのが輸入車。一挙に乗れればこれほど楽しいことはない! 編集部が国内未導入のマシンに乗り倒してきた。本記事で取り上げるのはインドヤマハが製造したFZ-X。XSRを彷彿とさせつつ、現代的なイメージのヘッドライトが独特だ。前に出たステップも特徴的。


●文/写真:ヤングマシン編集部(ヤマ) ●取材協力:株式会社バイク館イエローハット

インドヤマハFZ-X 概要

ヤマハFZ-X

【YAMAHA FZ-X】■空冷4ストSOHC単気筒 149cc 12.4ps/7250rpm 1.36kg-m/5500rpm ■139kg 10L シート高810mm ■タイヤサイズF=100/80-17 R140/60R17 ●色:艶消し橙 黒 青 ●価格:31万9000円 [写真タップで拡大]

ヤマハFZ-X|ライディングポジション

【ライディングポジション】810mmというシート高のわりに車格がやや大柄なため、少しだけ踵が浮いた。とはいえ気になるほどではない。ステップ位置は前方で背筋も伸び、まさに殿様乗りといったポジションだ。[身長175cm/体重70kg] [写真タップで拡大]

ヤマハFZ-X|ヘッドライト

FZ-Xのイメージを決定づける特徴的なヘッドライトは、XSRシリーズを思わせる丸型デザイン。テールランプと同様にLEDを採用している。ローで外周が、ハイで中心部も点灯する。 [写真タップで拡大]

インドヤマハFZ-X 試乗インプレッション:殿様乗りで周囲を睥睨!

名前はFZだけど、見た目はXSR系のネオクラシック。150ccという排気量以上に立派なボディに感じるのは、インドが主戦場だからかも。乗ってみるとどっしりとした、いわゆる殿様乗り的なポジションで、郊外路を流すようなシーンも楽しめそう。

ちょっとステップが前気味(あとシフトペダルの位置が少し近いかな? とも感じた)だけれど、パワーも十分にあるので、しっかりニーグリップして元気に走らせることも可能だ。

嬉しかったのは、エンジンにたっぷり味わいがあること。タックロールのシートも適度な厚みがあって、長距離も疲れにくそうじゃないか。なるほど、味のある単気筒でネオクラシック、殿様乗りでインド産。ある意味こいつは、エンフィールドやGBのミニバージョンと言えるのかも。そこにデザイン面でのヤマハのヤンチャさを加えた感じだ。

車検はなく、普段使いも楽々で、週末ツーリングもいと楽し。疲れたら帰りは高速使って帰れるし…って、これ1台でちょうどいいやんけ。

ヤマハFZ-X

[写真タップで拡大]

※本記事の文責は当該執筆者(もしくはメディア)に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。