第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

青木宣篤が語る、自身の現役引退について【鈴鹿8耐ラストレースを振り返る】

2022年8月に開催された第43回鈴鹿8耐をもって、GPライダーとしての活躍でおなじみ青木宣篤選手が、現役生活にピリオドを打った。長きにわたるレース人生のラストランにおいて、ノブ氏は何を思ったのか。最後の1日を振り返る。


●監修:青木宣篤 ●文:高橋剛 ●写真:MotoGP.com 箱崎太輔 高橋剛 ヤングマシン編集部

実感は、まるでない…

自分の走行が終わり、ピットに戻った。みんなと握手したりハグしながら「ありがとう」と言っていたと思う。そのうち、何がなんだか分からないけれど、ガクッとヒザから崩れ落ちてしまった。

その後しばらくのことは、よく覚えていない。大声を挙げて泣いていた、という説もあるが、それは事実なんでしょうか?(笑)

どういう感情だったのか、自分でも整理ができていないんですよね。何だろうな…。「無事にレースを終えられた」という安心感だったのかもしれない。

青木宣篤|現役引退

走行を終え、チームメイトのテラン(寺本幸司)にマシンを渡すと、ガックリと膝から崩れてしまった。無事に終えられて安心したのだと思う…。 [写真タップで拡大]

ワタシはこう見えて臆病者だ。好き好んでレースをしていながら、レースがとても怖かった。「レースでは命を落としたくない」という思いがあった。

こんなことを言うのはどうかと思うが、大ちゃん(註・加藤大治郎氏)やノリック(註・阿部典史氏)のお墓参りには行ったことがない。お墓に行ったら、彼らに呼ばれてしまうような気がしていたからだ。弱い人間なのだ。

自分自身の体の不安もあった。ガンや骨折もあったが、2014年の鈴鹿8耐で転倒して以降、三半規管に異常があるようで、ゼロスタートの発進では平衡感覚を失ってしまう。だからスプリントレースの参戦はもう不可能だった。

鈴鹿8耐には参戦できるコンディションまで戻せたが、思うようにタイムが出せない。自分の中のスピード感覚が、どんどん落ちているのが分かった。

そして年齢を重ねるつれて、満足にトレーニングもできなくなっていた。無理をするといろんな所を故障してしまうから、追い込むことが怖い。“トレーニングで体を傷める”という本末転倒が起きてしまうからだ。

スピードを失い、トレーニングもできない。そんな自分は、受け入れがたかった。でも、これが現実だ。残念だけど、受け入れなくちゃいけない。

2020年の鈴鹿8耐をもって現役を引退しようと決めていたが、新型コロナ禍で延び延びになり、2022年が最後のレースとなった。ありがたいことに、決勝レース前に引退セレモニーを開いてくれたり、たくさんの人から声をかけられたりと、もちろんいつもの鈴鹿8耐とは違っていた。

青木宣篤|現役引退
青木宣篤|現役引退

[写真タップで拡大]

だが、いざレースがスタートしてしまえば、今までと何も変わらなかった。最後のスティントで、「残り2周」というサインボードを見るまでは、何も。

残り2周。今見えているもの、今感じているものを心に焼き付けておこうと思った。走り以外のことを思ったのは、初めてだった。

青木宣篤|現役引退

「この景色を心に焼き付けよう」 最後の2周は、初めて走り以外のことを考えた。 [写真タップで拡大]

そしてピットに戻った時は、やはり安心したのだと思う。これで終わりなんだ、と。もうレースで死ぬことはない、と。

自分には、レースしかなかった。これから始まるレースのない人生がどうなるのか、まったく想像ができないし、実感もない。

ただ、たくさんの人たちに温かい声をかけてもらったのは本当にありがたかったし、自分のやってきたことは間違えていなかったのかな、と思えた。

これで引退だなんて、本当に実感がない。今は、「来年、また鈴鹿8耐参戦のオファーがあったらどうしよう」と考えている(笑)。

青木宣篤|現役引退

【万感の思いを胸に深々と頭を下げた】自分のレース活動に共感し、支えてくれたすべての方たちに挨拶させてもらった。たくさんもらっていたのは実は自分だったんだ、ということに気付いた。 [写真タップで拡大]

青木宣篤|現役引退

原田哲ちゃんも来てくれた。かつてのライバルの声がけに、また涙。 [写真タップで拡大]

青木宣篤|現役引退

自分を戦力として走らせてくれたテラ始め、チームの皆さんと。 [写真タップで拡大]

青木宣篤|現役引退

SSTクラス4位。お手製表彰台がうれしい。 [写真タップで拡大]

決勝レース前の引退セレモニー

青木宣篤|現役引退

最後のレースの決勝スタート前に、治親(左)/拓磨(中)と走ることができた。 [写真タップで拡大]

青木宣篤|現役引退

こんな機会を用意してくれた仲間たちに感謝。 [写真タップで拡大]

青木宣篤|現役引退

幼少の頃からレース活動を支えてくれた両親も駆けつけた。ありがとう! [写真タップで拡大]

青木宣篤|現役引退

いろいろな形でワタシのレース活動をサポートしてくれた仲間たち、そして兄弟と。 [写真タップで拡大]

青木宣篤|現役引退

たくさんのファンの方たちが詰めかけてくれた。 [写真タップで拡大]


最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース