第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

メインフレームもリデザイン

ヤマハ「ナイケンGT」がフルモデルチェンジ! 890ccエンジンと7インチカラーメーターなどを獲得【欧州】

ヤマハは欧州で、フロント2輪のLMW機構を採用した大型ツアラー「ナイケンGT(NIKEN GT)」の2023年モデルを発表した。最新型MT-09らと共通の890cc並列3気筒エンジンを新たに搭載し、各部をアップデートしている。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●写真:ヤマハ欧州



唯一無二の存在感! スマートフォン・コネクティビティも獲得

ヤマハ独自のLeaning Multi Wheel(LMW)は、フロント2輪を採用しながら普通のバイクと同じように車体を傾けて曲がるのが最大の特徴。これを実現するために、テレスコピックフォーク×4本をパラレログラムリンクで保持し、バンク角とハンドルの切れ角に応じてイン側の切れ角を大きくする“アッカーマンジオメトリ”によって自然なハンドリングとしている。荒れた路面でも安定した接地感を得られるのが大きなメリットだ。

LMWといえばトリシティ125/155/300がかなり市民権を得ているが、強烈な存在感を放つナイケンGTは孤高の存在とも言える。ちなみにアッカーマンジオメトリを採用しているのはトリシティ300とナイケンシリーズだけである。

ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル

フルサイズのサイドケースは標準装備。 [写真タップで拡大]

そんなナイケンのツアラーバージョン「ナイケンGT(NIKEN GT)」が新エンジンを搭載してフルモデルチェンジした。

新しい並列3気筒エンジンは、最新型のMT-09やXSR900などが搭載する890ccのユーロ5適合ユニットで、クランクマスを8%増大することでさらに豊かな低回転域のトルクを実現。これを5°前方に傾けて搭載し、メインフレームもこれに合わせてリデザインされた。

エンジン刷新にともなう新装備としては、新ECUや新ライドバイワイヤスロットル、新型の吸排気システム、新型ラジエターなど。

メーターは7インチTFTの新型で、スマートフォン接続機能も搭載。Wi-FiまたはBluetoothで接続し、ヤマハの無料アプリMyRideを使用することで各種着信の通知などを見ることができる。また、ガーミンのサブスクリプション有料アプリを導入すればメーター全画面を使用したナビゲーション機能も使えるようになるのはトレーサー9 GT+と同様だ。

このほか、グリップヒーターやクイックシフター、アシスト&スリッパークラッチ、+/-70mmで調整可能なウインドスクリーン、快適性を向上したライダーシート、リヤサスペンションなどがアップデートされた部分。電子制御もリファインされている。

欧州のリリースでは、価格や導入時期は仕向け地によるとされ未発表。日本仕様については2023年秋以降の発売予定とされた(11月8日12時追記)。

YAMAHA NIKEN GT[2023 EU model]

主要諸元■全長2150 全幅875 全高1395-1430 軸距1510 最低地上高150 シート高825(各mm) 車重270kg(装備)■水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ 890cc 114.9ps/10000rpm 9.2kg-m/7000rpm 変速機6段 燃料タンク容量18L■タイヤサイズF=120/70R15×2 R=190/55R17 ●価格&発売時期:未発表 ●色:黒 ※諸元等は全て欧州仕様

ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル

YAMAHA NIKEN GT[2023 EU model]Yamaha Black [写真タップで拡大]

ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル

YAMAHA NIKEN GT[2023 EU model]Yamaha Black [写真タップで拡大]

ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル

視認性に優れた大画面7インチTFTメーターは、有料アプリと組み合わせることでフル画面のナビゲーション機能も利用可能に。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル

調整式ウインドスクリーン、ハードケースなどGTの名に恥じないツアラー装備。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|ナイケンGT|欧州仕様|2023年モデル

新エンジンは低速トルクを強化した専用設定。アップ/ダウン対応のクイックシフターや新しいアシスト&スリッパークラッチを装備する。リヤサスペンションはセッティングとリンク設定が見直された。 [写真タップで拡大]

動画はコチラ↓


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース