第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ファッションブランド“DEVILOCK(デビロック)”がバイカーズジャケットをリリース【あのハンバーグ師匠とコラボ!】

DEVILOCK×ハンバーグ師匠コラボ バイカーズジャケット
※画像は『ハンバーグ師匠オフィシャルストア』より

●文:ヤングマシン編集部

ファッションと音楽/格闘技を融合した、伝説のストリートブランド「DEVILOCK(デビロック)」

’90年代から’00年代にかけて青春を謳歌した世代には、ファッションブランド「DEVILOCK(デビロック)」に対して特別な思い入れを持っている方も少なくないだろう。

1996年に誕生したデビロック、その創業者はミュージシャン出身の遠藤憲昭氏。以前からパンクバンドにて活躍しており、あの前澤友作氏ともバンド仲間であったという。

デビロックの活動はアパレル分野に留まらず、「デビロックナイト」などの大規模な音楽イベントや、格闘技団体・修斗/新日本プロレスとの合同興行、海外進出など多岐にわたり、当時のストリートファッションをカルチャームーブメントに引き上げる重要な役割を担っていたと言える。

その後は一時期活動を停止していたものの、2018年に再始動。格闘技団体・RIZIN/RINGSとのコラボをはじめ、現在に至るまで精力的な活動を続けている。

あのデビロックがバイクウェアをリリース! コラボ相手はハンバーグ師匠!!

さて、そのデビロックが新たにバイクウェアをリリースしたというから、これは気になるところだ。

今回、受注限定生産にて販売されるのは、ミリタリースタイルのバイカーズジャケット。N-3B(米空軍のフライトジャケット)をベースとしながらも、ストリート発祥ブランドらしく洗練が施された一品だ。

そのコラボ相手は、遠藤氏と20年来の友人であるという、“SLP号”でおなじみバイク大好き芸人・ハンバーグ師匠! バイク乗りならではの細かいこだわりが随所にちりばめられているとともに、ロゴ入り特製ワッペンがそのオリジナリティを演出。師匠のファンならずとも、ヒトとは違うバイクファッションを楽しみたい方々にとって、大いに選択肢のひとつとなりうるだろう。

サイズはM/L/LLの3種。価格は4万3000円。注文受付は11月11日までで、2023年1月〜2月のお届けになるとのこと。詳しくはハンバーグ師匠オフィシャルストアにて。

〈参考〉さらに広がるデビロックのコラボ分野。たとえば“釣り”も

デビロックのコラボ分野はバイクだけにとどまらない。たとえば釣りの分野では、人気ルアーメーカー・ロンジンと手を組み、新たなフィッシングライン「「HANF BY DEVILOCK(ハンフ バイ デビロック)」がスタートした。

今回販売されるアイテムは以下の通りで、現在予約受付中。11月11日より販売される。購入については「ルアマガオンラインストア」など販路が限られているので、ご確認を。

  • ルアー「ウェイキーブー The Misfits」:シーバス用で人気のロンジン製ルアー。オリジナルカラーは蛍光グリーンにスカルボーンデザインが個性的
  • パーカ/Tシャツ「SYMBOL HOODIE/TEE」:“Have A Nice Fishing”を意味する“HANF”ロゴが強烈な個性を放つ。
  • パーカ/Tシャツ「EPITOME HOODIE/TEE」:ブランドメッセージをしたためた、クールな仕上がり。
パーカ/Tシャツ「SYMBOL HOODIE/TEE」
パーカ/Tシャツ「SYMBOL HOODIE/TEE」

SYMBOL HOODIE/TEE [写真タップで拡大]

パーカ/Tシャツ「EPITOME HOODIE」

EPITOME HOODIE [写真タップで拡大]

デビロック・遠藤憲昭プロデューサー [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース