第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

スマホにも対応! 塗り絵感覚でオリジナルカラーを検討できるぞ

バーチャル上で3Dの「マイ革ツナギ」が作れる! 三次元でカラーシミュレーションできるWEBサイト「TAICHI COLOR VISION」がオープン

ライディングウエアメーカーのタイチが、レーシングスーツのカラーリングを3D画像でシミュレーションできるWEBサイト「TAICHI COLOR VISION」をオープンさせた。従来も平面上で同様のことは可能だったが、新サービスでは三次元の立体画像を使い、回転や拡大縮小させながらシミュレーションできる点が新しい。PCだけでなくスマホ上での操作も可能だぞ。


●文:ヤングマシン編集部(マツ) ●外部リンク:アールエスタイチ



憧れのカラーオーダーに向け、妄想素振り100連発!

レーシングスーツを所有するなら誰もが憧れる「カラーオーダー」。既製品でも十分に高いデザイン性を持つとはいえ、カラーリングに拘りを存分に注ぎ込んで仕上げた自分専用のレーシングスーツとなれば、その満足感はケタ違い。ちょっとしたワークスライダー気分だって味わえる。

そんな気分をバーチャル上で楽しませてくれるのが、タイチがスタートさせた新しいWEBサービス「カラービジョン」。これは同社がラインナップする4種のレーシングスーツのカラーリングを、3D画像でシミュレーションできるというものだ。

言うなれば“革ツナギの塗り絵”なのだが、それを二次元の平面(これはタイチの従来サービスに存在した)ではなく、三次元の立体画像でシミュレーションできる点が新しい点。しかも立体画像は横方向に360°、上下方向に180°回転させられる上、上から見下ろしたり下から煽ったりと角度も変えられるから、自分が考案したカラーリングの仕上がりをかなり現実的に把握できるのだ。カラーは場所によって最大29色から選択できるので、組み合わせはまさに無限大と言っていいだろう。

更に楽しいのはロゴ入れのシミュレーションまで可能なこと。こちらもカラーが最大29色、入れる場所は10箇所から選べ、さらに文字の書体やフチや影の有無までも選べる。文字はアルファベット/漢字/ひらがな/カタカナから13文字以内で自由に選択が可能だ。さらにレザーのベンチレーション仕様なども部位ごとにセレクトできる。

製作したレーシングスーツの情報は一時保存でき、メールアドレスを送信すると途中から作業を再開するための復帰用URLも発行してくれる。もちろん気に入ったカラーリングが完成すれば見積もりに進むのもOK。PCはもちろん、スマホ上で気軽にシミュレーションできるのも嬉しい点だ。「いつかはツナギをカラーオーダー!」と目論むアマチュアレーサーの貴方、愛車の色や好みに合わせたオーダーを入れるその日まで、タイチ・カラービジョンでオーダー素振りに励むのも悪くないぞ!?

タイチ|カラービジョン|オーダー画面

タイチ「カラービジョン」のオーダー画面。マウスで色を変更したい部分を指定し、左のカラーチャートで選択。カラー変更した部分は右側の白黒図上で白く示される。 [写真タップで拡大]

タイチ|カラービジョン|オーダー画面
タイチ|カラービジョン|オーダー画面

カラーを変更したレーシングスーツは、このように画面上でくるくる回転させることが可能。立体的で仕上がりイメージが把握しやすい。 [写真タップで拡大]

タイチ|カラービジョン|オーダー画面

カラービジョンを始めるには、まずは4種のレーシングスーツから好みの製品を選択する。 [写真タップで拡大]

タイチ|カラービジョン|オーダー画面

すると何種類かのカラーサンプルが表示されるので、イメージに近いものを選択。このデザインをベースにカラーを変更していく仕組み。もちろん全面変更も可能だ。 [写真タップで拡大]

タイチ|カラービジョン|オーダー画面
タイチ|カラービジョン|オーダー画面

左はロゴ入れの選択画面。カラーや書体、文字内容などが選択できる。筆者も試しに入れてみたのだが・・・センスねえ! [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース