第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

“カフェ”はバリエーション拡大

カワサキ「Z900RS」列伝……歴代カラー大図鑑 続・火の玉編【2019年モデル】

カワサキ「Z900RS」が東京モーターショーで世界初公開されたのは2017年、つまり今から5年前だ。この機に歴代のカラーリングを振り返ってみたい。2019年のZ900RSは火の玉カラーなどが継続されたが、カフェのほうにはニューカラーが投入された。



わずか7か月後に次年度モデルを発売

国内では2017年12月にZ900RSが、そして2018年3月にはZ900RSカフェが発売されたが、予想を超える受注があったためか、カワサキは2018年5月/6月に相次いで次年度モデルを発表している。

Z900RSとZ900RSカフェの違い。シート形状のみならずシート高やハンドルバーの位置が異なっていて、乗り味もけっこう変わる。 [写真タップで拡大]

Z900RSは最初に登場したカラーリング×2色をそのまま継続し、Z900RSカフェは「ストームクラウドブルー」および「メタリックグラファイトグレー」が追加された一方で「パールストームグレー」が廃止に。カフェの「ヴィンテージライムグリーン」はそのまま継続された。いずれも価格は据え置きだった。

この2018年からZ900RS/カフェは小型二輪401cc以上のクラスの国内販売台数ランキングを4連覇。2022年上半期も同クラスでぶっちぎりのトップを快走している(二輪車新聞調べ)。

欧州仕様も同様の流れを踏襲したが、Z900RSカフェに追加されたのはメタリックグラファイトグレーのみ。また、Z900RSの2018年モデル欧州仕様にのみラインナップされていた「メタリックマットコバートグリーン×フラットエボニー」は、写真ではギリギリ判別できる程度の色味変更が実施され、「メタリックマットコバートカーキ×フラットエボニー」と名を変えた。見比べると、マットグリーンの“マットみ”がわずかに増している。

この2018年からZ900RS/カフェは小型二輪401cc以上のクラスの国内販売台数ランキングを4連覇。2022年上半期も同クラスでぶっちぎりのトップを快走している(二輪車新聞調べ)。

欧州仕様も同様の流れを踏襲したが、Z900RSカフェに追加されたのはメタリックグラファイトグレーのみ。また、Z900RSの2018年モデル欧州仕様にのみラインナップされていた「メタリックマットコバートグリーン×フラットエボニー」は、写真ではギリギリ判別できる程度の色味変更が実施され、「メタリックマットコバートカーキ×フラットエボニー」と名を変えた。見比べると、マットグリーンの“マットみ”がわずかに増している。

KAWASAKI Z900RS[2019年モデル]※2色とも継続

主要諸元■全長2100 全幅865 全高1150 軸距1470 最低地上高130 シート高800mm(各mm) 車重215kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●発売時価格:黒=129万6000円/茶×橙=132万8400円(消費税8%込み) ●色:茶×橙、黒 ●発売日:2018年7月1日

カワサキ|Z900RS|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS[2019 model]キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ ※継続色 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS[2019 model]メタリックスパークブラック ※継続色 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019年モデル]

主要諸元■全長2100 全幅845 全高1190 軸距1470 最低地上高130 シート高820mm(各mm) 車重217kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●発売時価格:135万円(消費税8%込み) ●色:緑、青、灰 ●発売日:2018年8月1日(緑のみ10月15日)

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 model]ヴィンテージライムグリーン ※継続色 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 model]ストームクラウドブルー [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 model]メタリックグラファイトグレー [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 model]ストームクラウドブルー [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 model]メタリックグラファイトグレー [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 model]ストームクラウドブルー [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 model]メタリックグラファイトグレー [写真タップで拡大]



参考:欧州仕様 2019年モデル

欧州仕様はシート高835mmのハイシートを標準装備している。

カワサキ|Z900RS|2019年モデル
カワサキ|Z900RS|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS[2019 EU model]メタリックマットコバートカーキ×フラットエボニー [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS[2019 EU model]キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ ※継続色 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS|2019年モデル

KAWASAKI Z900RS[2019 EU model]メタリックスパークブラック ※継続色 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS|2019年モデル|欧州仕様

KAWASAKI Z900RS[2019 EU model]メタリックグラファイトグレー [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル|欧州仕様

KAWASAKI Z900RS CAFE[2019 EU model]ヴィンテージライムグリーン ※継続色 [写真タップで拡大]

こちらはWheel & Wavesカスタムショーに出展された欧州流のカスタム。やはり4本出しは共通の合言葉か。

カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル|欧州仕様
カワサキ|Z900RSカフェ|2019年モデル|欧州仕様

参考:Wheel & Waves出展車 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース