第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

東京モーターショー初公開と同時に……!

カワサキ「Z900RS」列伝……歴代カラー大図鑑 カスタムプロジェクト編【2018年モデル】

カワサキ「Z900RS」が東京モーターショーで世界初公開されたのは2017年、つまり今から5年前だ。このとき、カワサキのブースには3台のカスタマイズモデルも展示された。いずれもZ900RSの本質を異なる解釈で昇華したものだ。


●文:ヤングマシン編集部

早くも番外編、2017年の東京モーターショーで同時公開された3台のカスタマイズモデルだ!

2017年10月25日、東京モーターショーでZ900RSが世界初公開されると同時に、Z900RSカスタムプロジェクトもアンベール。ここでは3台のZ900RSカスタムが出展された。

日本で活躍しているコンストラクターたちが手掛けたZ900RSカスタムは、それぞれのこだわりが発揮されたもの。伝統の名を冠するZをどのように仕上げていったのだろうか。写真を眺めているだけでも、それぞれのZ900RS像を感じることができるぞ!

マシンとの対話を愉しむカスタムモデル by BITO R&D

1970年代からZ1のチューニングに携わるビトーR&Dの美藤氏が手掛けたマシン。リヤキャリアが装着されているのは「旅の道具としてバイクを愛用してもらいたい」という美藤氏の想いからだ。かつてアメリカをZ2で旅していた時にポップ吉村と出会ったという運命を決めたマシンだけに、美藤氏にとってZはこれがなければ完成形にならないのかも知れない。

パネルでは『レーシングチューナーとして世界で戦った美藤定率いる、ビトーR&Dによるカスタム。Zシリーズを知り尽くしたマイスターが提案するのは、大人のライダーたちが楽しめる「操る悦び」です。あえて18インチホイールを採用することで、Z900RSが持つ「愉快」さをより感じ取りやすくチューニングしています』と紹介された。

オリジナルのマグネシウム鍛造ホイール MAGTAN JB4 F:3.00-18、R:4.50-18を装着し、17→18インチ化。大径ホイールのZらしい佇まいと穏やかな操舵性を獲得することを最も重要視している。

初代Z1が追求した「最高性能」と「機能美」にこだわった by MOTO CORSE

のちにカワサキと合流することになるビモータなど、高級輸入車のインポーターで、ドゥカティやビモータ、MVアグスタをベースに豪華パーツを贅沢にあしらったカスタムマシンを製作するビルダーとしても有名なモトコルセが手掛けたZ900RS改。代表である近藤氏のバイクライフのスタートはカワサキだったという。Zを手がけることは長年のテーマだったとし、こののプロジェクトに参画した。

パネルでは『気品漂うシックな一台。手掛けたのは、「性能」と「美」を追求し、独自のセンスを武器に数々のオリジナルパーツやコンプリートマシンを制作してきたモトコルセ。カーボン外装やカーボンホイール、それに精巧な技術から生まれたチタンエキゾーストシステムなど、さらなる軽量化と性能向上を目指しています。また、各部のチタンパーツやボルト、そして高品質なペイントやグラフィックなど、眺めているだけでも心躍る一台となっています』と説明。

フロントフォークはオーリンズ製のφ43mm倒立で、専用品のないZ900RSに合わせて長さを調節し、クランプも新たに製作して取り付けてある。最高のパーツをチョイスするモトコルセらしくホイールはBSTのカーボンホイールを装着。バネ下重量軽減で軽快なハンドリングを目指している。サイドカバーには「Z9RSC」とモトコルセとしてのマシン名も。フルチタンのエキゾーストシステムはワンオフ開発したもので、センター部分からサイレンサーまでパイプ径が拡大していくようチタンのシートから1枚ずつ切り出してそれをリング状に巻いて溶接したという究極の一本だ。

往年のレーサーをオマージュしたカスタム by ドレミコレクション

ライムグリーン×ブラックをまとったドレミのZ900RSは、かつてAMAスーパーバイク選手権で活躍した往年のレーサーをオマージュに製作されたカスタマイズモデルで、数々のカワサキ旧車の外装パーツを手がけてきた同社の技をこれでもかとばかりに投入。レトロな灯火類にZ2サイドカバーやテールカウル、精悍な4本出しマフラー、さらにはノーマルで前後17インチのホイールを前後とも18インチとするなど、フロント19&リヤ18インチのオリジナルZの姿に限りなく近づけた。

オリジナルZにさらに近づくサイドカバーやテールカウルはABS製で、同社のゼファー750用カスタマイズパーツをベースに作成。やはり、将来的には角Z系の三角形サイドカバーも再現可能だという。アルミ削り出しのラジエターガードにはオイルクーラーのように見せる工夫も。空冷エンジンであるオリジナルZへのリスペクトだ。エンジンにはダブルクレードル風に見せるダミーフレームを装着。これだけでグッとスタイルにシブみが増してくる。

ホイールにはMORRISの18インチマグネシウムホイールを前後に採用。サンスターのKRタイプブレーキディスクと相まって、往年のAMAレーサー的な雰囲気に満ち溢れている。4本出しマフラーはワンオフのオリジナル品。ユーザーからいち早い市販化を望む声が多く寄せられそうだ。リヤにはHYPER PROの車高調整機構付きサスペンションを装着。リモートアジャスタブルタイプでレーシーさが増している。

ヘッドライトとウインカーは一見ハロゲンタイプに換装してレトロ感を演出……と単純に思ったら大間違い。実はバルブはLEDとなっており、Z900RSの現代的な部分もしっかりとアピールしている。ヘッドライトケースはオリジナルZ1のものを加工して使っている。フォークカバーエンブレムもオリジナル風カスタマイズには欠かせない。ドレミオリジナルのアルミ削り出しトップブリッジにスーパーバイクハンドルバーとアルミ削り出しバーエンドを装着。ブレーキ&クラッチレバーとレバーガードはK-FACTORY製だ。

2018年に欧州で公開されたカフェレーサーカスタム

カワサキフランスとMRS Oficina(フランス)がコラボ制作したもので、2018年10月に開催されたパリショー、翌11月のミラノショーで展示された。リヤ2本ショック化でシート下をスカスカにしているのが大きな特徴。ホイールはロトボックスのカーボン製だ。


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース