第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

日本の伝統文化をモチーフに

SHOEIフルフェイスヘルメット「Z-8」に新グラフィックモデル『Z-8 オリガミ』登場

SHOEIは、コンパクトで軽い帽体を特徴とするフルフェイスヘルメット『Z-8』に、新たなグラフィックモデル『Z-8 ORIGAMI(オリガミ)』を追加する。発売時期は2023年1月予定となっている。


●文:ヤングマシン編集部(山下剛) ●外部リンク:SHOEI

アナログとデジタルをグラフィカルに融合、懐かしさも感じさせるニューグラフィックに

ストリートユースでの快適性と安全性を追求し、スポーティなルックスでまとめあげたフルフェイスヘルメットがSHOEI Z-8だ。自社大型風洞設備で開発された帽体は、上方と後方にかかる風圧を抑制するエアロフォルムで、高速道路を延々と走り続けるようなシチュエーションにおけるライダーの疲労を軽減する。

シールドはワンアクションでロックできる『センターロックシステム』を採用。装備されるCWR-F2シールドは2次曲面形状で、シールドの部位ごとに曲率や厚みを最適化したことで、歪みのないクリアな視界を確保している。

空力性能に優れる帽体に加えて、接合部の空気抵抗を軽減したシールドシステムにより、走行中の風切音を抑制。静粛性に優れたフルフェイスヘルメットとなっており、やはり長距離走行時の疲労軽減に貢献している。

そんなZ-8に新しいグラフィックモデルが加わる。『Z-8 ORIGAMI』は、その名称のとおり日本の伝統文化である“折り紙”をモチーフにしたデザインだ。帽体上部は白色、下部は黒色をベースとしており、上部には折り紙の展開図を、下部には完成形の立体図をワイヤーフレームで描いている。

折り紙という日本の古き良き文化と合わせて、展開図とワイヤーフレームの立体図には、80年代のコンピューターグラフィック黎明期を思わせる懐かしさがある。アナログとデジタルをグラフィカルに融合したモデルだ。

【SHOEI Z-8 ORIGAMI】●価格:6万8200円 ●サイズ:XS(53cm)、S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm) ●色:黒×白(TC-5) ●規格:JIS ●構造:AIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber) ●付属品:布袋、ブレスガード、チンカーテン、シリコンオイル、防曇シート、防曇シート用ピン、SHOEIロゴステッカー ●発売時期:2023年1月

SHOEI Z-8 ORIGAMI
SHOEI Z-8 ORIGAMI

SHOEI Z-8 ORIGAMI[TC-5(BLACK/WHITE)] [写真タップで拡大]

SHOEI Z-8 ORIGAMI

SHOEI Z-8 ORIGAMI[TC-5(BLACK/WHITE)] [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース