原材料価格、製造&輸送コスト上昇を受け

SHOEIが価格改定、X-Fourteenを除くすべてのヘルメットを10月1日より一律2000円値上げ

●外部リンク:SHOEI

SHOEIは、2022年10月1日より同社製ヘルメットの希望小売価格を一律2000円(税抜・以下同)値上げすることを発表した。なお、X-Fourteenは従来価格を継続するが、これは海外で「X-SPR Pro」(写真でマルク・マルケス選手が着用しているもの)として発売されたものが、日本では後継モデルの「X-Fifteen」として発売予定というのが理由だろう。

また、オプションパーツ(一部製品を除く)については2023年3月1日より希望小売価格を約10円~1000円の幅で値上げ予定としている。

これらは、原材料価格の上昇が続く中、製造に必要なエネルギーコスト、輸送費の高騰により現行の価格体系を維持することが困難な状況となったことが原因だ。さまざまな業界で価格上昇が止まらないが、バイク関連でもしばらくは値上げラッシュが続く様相だ。


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース