記事へ戻る

【24/28】ホンダ「ダックス125」インプレ|昭和の手ざわりを残した愛しの“忠犬”がついに発売へ!

灯火類はモンキー125と共通。丸型ヘッドライトやアップマフラーはダックス125を構成する要素として譲れなかった。倒立フロントフォークやホイールはグロムから転用したもので、フロントのみ働く1チャンネルABSは前転防止のためIMUが組み合わされる。ダウンフェンダーの採用については、T型バックボーンフレーム特有のスリムさにより泥跳ねがライダーを直撃しやすくなったため、確実な泥除け性能を得るための必然の選択だったという。