ハンターカブがサイドカーに!? CT125ハンターカブ+ウエディ ディテール解説

ハンターカブで高速を走る! そんな夢物語が現実に!? 高速道路上の区分が「軽自動車」となるサイドカーなら、そんな行為も可能なのだ! オートスタッフ末広から、7月1日に販売が開始されたCT125ハンターカブのサイドカー「Uedi(ウェディ)」に緊急試乗だっ! 前回に続いて、本記事ではそのディテールを解説する。

●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:オートスタッフ末広

CT125ハンターカブ+ウエディ ディテール解説

CT125ハンターカブ+ウエディ

【CT125 HunterCub+Uedi】■全長1960 全幅1290 ■空冷4スト単気筒 124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm ■乗車定員3人(2人推奨) ●価格:コンプリート車=103万1800円(カラーリング込み)/サイドカーキット=52万8000円(諸費用/取り付け工賃別)●発売日:’22年7月1日/納期は注文から2週間程度(ベース車両の納期や新型コロナウイルスによる状況で変動) [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

車体はベースがハンターカブということもあって意外にコンパクト。車名の「Uedi」は“一緒に楽しく出かけよう”というイタリア語の文章の頭文字に由来する。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

サイドカーの大きな利点に“足で支えなくても倒れない”ということがある。それでいてハンドルやブレーキなどの構造はバイクと同じ。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

ハンターカブはもちろん、クロスカブ(現在サイドカー化を構想中)などにも親和性のあるオーソドックスなデザインを採用。反響によっては他のモデルのサイドカー化も考えているとのこと。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

背もたれ後部の荷物スペースのほか、キャリアを取り付けての積載性アップも可能。重し代わりのジェリ缶風水タンクもオプションで構想中。というのも一人で乗る場合には、船が浮き上がらないよう“重し”が欲しくなるのだ。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

船体は軽量なFRP製(撮影車両はプロトタイプでアルミ製)。非常にコンパクトだが、パッセンジャーの居住空間は思いのほかしっかり確保されている。塗装前は黒ゲル仕様で、無塗装での使用も可能だとか。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

船にもサスペンションを装備して快適性確保。手前のグリップはパッセンジャーが左右へ荷重を掛ける際に入力点となる。非常に重要なパーツだ。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

船のタイヤはスーパーカブプロ系の14インチホイール&ドラムブレーキを採用。車輪の前後の取り付け位置でキャラクターが大きく変わる。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

船側のフレームがメインフレームで、船体を支えている。ちなみに側車を取り外し、単車だけで走行できればサイドカー(2輪免許)で、それが構造的に無理だとトライク(4輪免許)扱いになるそう。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

ハンターカブに接続している銀色のフレーム部分をサブフレームといい、センタースタンド/ステップ/エンジンガード取り付け部などを使って固定。全てボルトオンでバイク側に加工なし!! [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

車体幅を1300mmに収めるためにコンパクト化されているが、ライダーの操作スペース及び、タンデムステップもしっかり使えるようになっている。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

パッセンジャー用のウインドシールドはOP(3万円)、ポジション灯とウインカーはこの位置。ウインカーはハンターカブから移設している。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

パッセンジャーシートをヒンジで倒して荷物入れにアクセス。デイパックやヘルメットが楽々収まるくらいの大きなスペースが確保されている。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

グリップは船の両側にあり、パッセンジャーの体格に合わせて調整も可能。サイドカーならではの挙動が大きく出るウエディだけに、位置調整が重要。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

船後部のウインカーもハンターカブから移設。上部はブレーキ灯になっている。マッドフラップ(OP/3600円)の雰囲気がハンターカブにマッチ。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

ボタンで固定するタイプの合皮レザー製のトノカバーもオプションで用意(8500円)。ただ雨天走行や屋外駐輪には必需品になるだろう。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ

【あと一人OK!!】パワー不足は否めなさそうだが、単車側に2人、船に1人の3人乗車も法律的には可能だ。 [写真タップで拡大]

ウエディ装着のためのCT側の変更点

CT125ハンターカブ+ウエディ

リヤショックの上側のボルトに船を接続するためエアスクープの向きを変えているほか、サスペンションの動きを硬くしてサイドカー仕様にするため15mmのスペーサーを噛ませてプリロードをかけている。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ
CT125ハンターカブ+ウエディ

船側の車輪にドラムブレーキを増設して、リヤブレーキペダルと連動させている。写真右のブレーキペダルを機械的に押し下げるパーキングブレーキはオプション(2万1000円)。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ+ウエディ
CT125ハンターカブ+ウエディ

エンジンガード取り付け部分に船のフレームを接続。ベースのハンターカブへは全てボルトオンで、シャシーへの切った貼ったの加工はいっさいないのが拘りだとか。 [写真タップで拡大]

オートスタッフ末広

【取材協力ショップ:オートスタッフ末広電動バイク“zecoo”の生みの親であり、「こんなこといいな。できたらいいな」を形にしてくれる、知る人ぞ知る超ハイレベルカスタムショップで、現在も過給機搭載のSR400の製作を構想中。サイドカーショップとしても有名で、スタッフは’09年のレーシングスポーツカップサイドカーF4クラスのチャンピオン。ウエディ製作にもサイドカーレースのノウハウが生かされている。 ●住所:千葉県千葉市中央区末広5丁目11-14 ●電話番号:043-261-0184 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース