最新号の見どころを紹介!

’23-’24新車スクープ!!/ホーク11完全ガイド/CB250R、Xフォース、スコマディ テクニカ試乗【ヤングマシン2022年10月号は8/24発売】

ヤングマシン2022年10月号は8月24日発売! 巻頭特集は2023年-2024年モデルの先取りスクープ満載です。すでにお届けしている機種の続報だけでなく、新規に掴んだニュータイプも網羅。ヤマハの新型&国内新規導入モデルにも注目です! ニューモデル試乗では、KTM・RC390、CB250R、Xフォース、スコマディ・テクニカ125などをお届け。別冊付録は、発売が目前に迫ったホンダ ホーク11が全部わかる『パーフェクトガイド』です。

’23-’24新車スクープ総集編! 新ネタ&最新情報

秋のショーを前にしたこの時期にこそお届けしたいスクープ情報を10ページの大ボリュームで。今回はヤマハ成分も濃い目ですので、お見逃しなく! 残念ながらWEBでお見せできるのはここまでです。

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

2022ニューモデル試乗:KTM RC360/Honda CB250R/YAMAHA X FORCEほか

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

単気筒ながらクラス最高峰のスポーツ性を発揮するKTM RC390には、WEBメディア“ミリオーレ”ディレクターの小川勤が試乗! サーキットと公道で徹底テストしました。また、再新排出ガス規制に適合しながら商品性を高めたホンダCB250Rには谷田貝洋暁が、カッコよくてスポーティなヤマハXフォースには大屋雄一が試乗しています。

このほか、電動バイクに乗っタロウ! では近藤スパ太郎氏がヤマハ「E01」に試乗しました。航続距離104kmの実証実験用バイクの仕上がりはいかに?

2輪開発者による比較インプレッション『匠の視点』

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

伝統的な“バイクらしいバイク”として大人気になりつつあるカテゴリーがネオクラシック。その代表的な3車であるSR400、GB350、クラシック350に試乗するのは、なんとバイク作りのエキスパート。今回“匠”として(顔出し無しで)ご登場いただくのは、某メーカーで30年以上も開発の最前線に立つAさんです。

足着きがいい、エンジンが力強い、音が気持ちいい、乗り心地が快適……。我々が感じる何らかの印象には、すべて理由があります。それを解き明かし、“どう作るのか”を追い求めてきた開発者だからこそわかる、マニアックなディテールの違い。ライディングポジションひとつをとっても、それぞれのバイクに主張があるといいます。

「自分達はバイク好きの憧れや夢を仕事にしている。それを本当に理解しているか」

毎年2~3万kmは愛車で走るというAさんの問いかけ、そしてもっとも興味を引かれたバイクとは?

新製品テスト TOUCH & TRY

タッチ&トライのコーナーでは、車両テストだけでなくパーツや用品もテスト! 今回は下記の試乗/試用インプレッションをお届けします。
◎R nineTアーバンGS [BMW]
◎テクニカ125 [スコマディ]
◎リフレイムジャケット [フラッグシップ]
◎YAR30 サイバーテックスⅡダブルガードレインスーツ [ヤマハ]

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

2022 FIM世界耐久選手権(EWC)“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会 レポート

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

3年ぶりの開催となった鈴鹿8耐。HRCとカワサキのワークス対決はHRCが圧倒しました! ホンダにとって久しぶりの優勝ですが、正式結果が1週間以上経った本誌締切日(8月17日)にも出ないという珍しい状況に。

暫定結果をもとに記事を制作しましたが、幸いにも正式結果で順位に変動はなく、全てのチームがレギュレーションに準拠していたことが判明しました。8年ぶりの完勝を遂げたチームHRCの熱気を、“ことぶき”こと佐藤寿宏さんがレポートします。

発売間もないNT1100に岡崎静夏が試乗

アフリカツインのエンジン&フレームをベースにロングツアラーに仕立てられたNT1100。試乗するのは生粋のレーシング女子・岡崎静夏です。「まだ今の自分が乗るには早いかも」というコメントの理由とは?

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

青木宣篤、涙の引退!/サンマ=3MAを完調にする神メンテ/ワークマン’22-’23秋冬ウエア速報

ほかにも企画は目白押し! 3年越しの引退レースを鈴鹿8耐で終えた青木宣篤さんのドラマを、ご自身か振り返りました。神メンテは3MA=後方排気TZR250が題材です。ワークマンは、’22-’23秋冬ウエアを速報で!(まだ暑い時期ですが)

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

#ヤンマシ写真部 #22真夏マシン

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

Twitter連動企画『#ヤンマシ写真部』。記録的に猛暑日が多かった今夏を反映して、お題を『#22真夏マシン』にしてみました。やはり青空や濃い緑、そして“夏は夜”な感じなど、みなさん勘所を心得ています。

〈別冊付録〉Honda HAWK 11 パーフェクトガイド

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]

ホンダが少数生産に踏み切ったホーク11の全貌をここに。ロケットカウルや“上がりバイク”といったキーワードが注目されてきましたが、実際に走らせてみると、緊張を強いないスポーツ性が心地よいバイクでした。

同系エンジンを搭載するCRF1100Lアフリカツインやレブル1100、NT1100との比較インプレッションもお届けします。そして最後に開発者インタビューで語られたのは……。

お買い求めは全国書店もしくはWEBで

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売)の目次です。

ヤングマシン2022年10月号

ヤングマシン2022年10月号(8月24日発売) [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース