従来は満20歳以上だった

HondaGOバイクレンタル、成人年齢引き下げにともない満18歳以上への貸出しを開始!

●外部リンク:HondaGO BIKE RENTAL

ホンダが正規ディーラーを中心に展開している国内最大級のバイクレンタルサービス「HondaGOバイクレンタル」事務局は、これまで満20歳以上の会員を対象にレンタルバイクの貸出しを行なってきたが、成人年齢を18歳に引き下げる「民法の一部を改正する法律」が、2022年4月1日から施行されたことを受け、2022年6月1日より満18歳からレンタルバイクの貸出しを行うと発表した。

HondaGOバイクレンタルは、2019年よりスタートした二輪市場活性化プロジェクト「ホンダゴー」の一環として、バイクに乗るきっかけとして、またバイクの魅力を手軽に体感できる手段として、2020年4月にサービスを開始。当時の発表では、二輪免許を取得したもののバイクを所有した経験がないという方は4割以上にのぼるといい、ウェブ予約による手続きの利便性や用品のレンタル、保険&補償プランの充実などで心理的なハードルを下げることにより、バイクに触れる機会を拡大していくのがねらいとされた。

取り扱いモデルは店舗によって異なるものの、原付一種(50cc)から大型二輪までさまざま。料金プランは、お試し的に利用できる2時間以内の「ショートプラン」から2泊3日のツーリングを想定した55時間の「ロングGOGOプラン」まで、さまざまなニーズに対応している。1時間または24時間の延長料金も設定され、さらなるロングツーリングなどにも柔軟に対応する。

このほか、ホンダはHondaライディングギアのオンラインショップ「HondaGO BIKE GEAR」をオープンしており、いつでも気軽に利用できるサービスを拡充している。

とりあえずバイクに乗りたい、購入を検討するために時間をかけて試乗したい、目的地近くからツーリングを開始したいなど、ユーザーによってさまざまな方法で利用しているというバイクレンタル、これを機に一度、試してみては?


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース