スズキレーシングが公式アナウンス

MotoGP撤退の可能性について……スズキレーシングとドルナスポーツが協議中と発表

●外部リンク:Suzuki-Racing.com

スズキは、レース全般の活動を報告する公式サイト「スズキレーシング.com(英語)」にて、2022年末にMotoGPへの参加を終了する可能性についてドルナと話し合っていることを明らかにした。

このリリースによれば、現在の経済状況と、自動車&バイク業界が直面している近年の大きな変化に対し注力する必要があるため、新技術を開発するためのコストと人材を確保することを余儀なくされているという。

We would like to express our deepest gratitude to our Suzuki Ecstar Team, to all those who have supported Suzuki’s motorcycle racing activities for many years and to all Suzuki fans who have given us their enthusiastic support.(スズキエクスターチーム、スズキのモーターサイクルレース活動を長年支えてくださった皆様、そして熱心なご支援を賜りましたスズキファンの皆様に心より感謝申し上げます)

リリースは上記のような言葉で締めくくられており、すでに撤退モードに入っていることが伝わってくる。ファンにとっては残念な選択となり、またMotoGPからの撤退がバイクだけでなくクルマのほうでも企業イメージに影響することが懸念される。

2011年のMotoGP参戦一時休止から2015年に復活を遂げ、2020年にはジョアン・ミル選手によって年間タイトルも獲得した。昨年は他メーカーの進歩もあってやや苦戦したものの、今シーズンもけっして悪くないレースが続いている。本当にこれでいいのだろうか……。

追記:スズキレーシングの公式リリースから数十分後に日本でも公式リリースが出ました


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム〈三ない運動問題〉埼玉県の高校生に好評だった、”乗せて教える”交通安全教育
WEBヤングマシン|新車バイクニュース