記事へ戻る

【16/16】往年の名機・耐久レーサー×6台【油臭くて無骨、そんな時代の極み】

'78〜'80年に世界GP500を3連覇したロバーツは、'83年で第一線を退いていたが、'85年の8耐では初の鈴鹿/初の4スト4気筒にも関わらず、現役GPライダーのワイン・ガードナーを押さえてポールポジションを獲得。健在ぶりを強力にアピールした。