フロントディスク&キャストホイール採用

ホンダ新型「スーパーカブ110」登場! 新エンジン&足まわり強化、カラーバリエーションはほぼ継続

ホンダは、モーターサイクルショーに市販予定車として出品していた、新型エンジン搭載のスーパーカブ110を正式発表した。前後にキャストホイールを採用し、チューブレスタイヤを装着。フロントブレーキはディスク化+ABSを採用した。

●外部リンク:ホンダ

原付二種ビジネスバイクのド定番がモデルチェンジ! もちろん趣味のバイクとしても魅力あふれる

ホンダは、新型の空冷単気筒エンジンを搭載する「スーパーカブ110」を正式発表した。2017年のモデルチェンジで丸型LEDヘッドライトを採用し、生産拠点は中国→日本へと変更されていた昭和の薫り漂うスーパーカブ110は、令和の時代になってもそのシルエットを変えることなく存続する。

横型シリンダーを採用するエンジンは、ボア×ストロークを従来型の50.0×55.6mmから47.0×63.1mmへとロングストローク化したもの。最新のホンダ原付二種の横型エンジン、つまりモンキー125やスーパーカブC125、ダックス125などが採用する63.1mmのストロークをベースに、47.0mmへとボアダウンした仕様ともいえる最新版だ。平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、最高出力は従来通りながら最大トルクは0.87→0.90kg-mへとアップしている。

足まわりは前後ホイールをキャストタイプに変更し、チューブレスタイヤを装着。フロントブレーキをディスク化するとともに、フロントのみ働くシングルチャンネルABSを採用した。また、メーター内にはギヤポジションインジケーターと時計を表示する機能も追加された。

価格は従来比2万2000円アップの30万2500円、発売日は2022年4月14日だ。

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]

主要諸元■全長1860 全幅705 全高1040 軸距1205 シート高738(各mm) 車重101kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.0ps/7500rpm 0.90kg-m/5500rpm 変速機4段 燃料タンク容量4.1L■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●価格:30万2500円 ●色:青、黄、ベージュ、緑、白 ●発売日:2022年4月14日

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]グリントウェーブブルーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]グリントウェーブブルーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]パールフラッシュイエロー [写真タップで拡大]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]バージンベージュ [写真タップで拡大]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]タスマニアグリーンメタリック [写真タップで拡大]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]

HONDA SUPERCUB 110[2022 model]クラシカルホワイト [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース