イタリアンデザインのネオクラシック

かっこよ! 超クール原付二種『モンディアル』125軍団参上、日本限定の250もあるぞ【東京MCショー】

イタリアのモンディアルは、MotoGPの祖となる世界選手権ロードレースの創成期に125クラスで大活躍した名門チーム。当時はレーシングマシンしか作っていなかったが、半世紀余りを経て公道モデルで大復活!「原付」という名称が不似合いなほどに立派なフルサイズ125は、今後の原二スポーツ界に大きな影響を与えそうだ

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●写真:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:F.Bモンディアル

イタリア名門の参戦で、フルサイズ125スポーツが熱い!

F.Bモンディアルジャパンによって2018年から国内販売が行われているが、モーターサイクルショーで一般公開するのは今回が初めてだ。モンディアルは第二次大戦後間もない1948年に創業し、世界選手権レースの125・250クラスで大活躍したイタリアの名門。1979年に会社は解散したが、2015年のEICMA(ミラノショー)でHPS125を発表して見事に復活した。

そして2019年にスポーツクラシックのパガーニをラインナップに加え、さらにフラットトラックも登場。いずれもフルサイズで原付二種とは思えないスケールと迫力を醸す。CBR125RやGSX-R125など国産スポーツと真っ向勝負のプライスも大きな魅力。またHPSとパガーニには125とほぼ同一のシャシーに249ccエンジンを搭載した日本限定モデルの「300」も目が離せない存在だ。

スクランブラー風ネオクラのHPS

モンディアル HPS 250

サイドカバーのHipstersは「通」とか「新しい物好きな人」を表し、その名の通りレトロとモダン織りなす新しい造形を纏うHPS。展示車両はHPS 300だが、125もエンジン以外のスペックはほとんど同じだ。 [写真タップで拡大]

モンディアル HPS 250 前
モンディアル HPS 250 後ろ

ナツメを逆さにしたようなクラシカルなヘッドライトと、φ40mm倒立フォークのコントラストが新しい。前輪18インチ、後輪19インチでリヤビューは現代風だ。 [写真タップで拡大]

モンディアル HPS 250 エンジン
モンディアル HPS 250 マフラー

DOHC4バルブの水冷単気筒エンジンは、125はアプリリア製でユーロ5適応。HPS300は車名は300だが排気量は249ccの日本限定モデル。こちらは躍進著しく信頼性の高い中国のZONGSHEN(ゾンシェン)製でユーロ4仕様を搭載。短い2本出しサイレンサーがレトロな雰囲気を醸す。 [写真タップで拡大]

モンディアル HPS 250 ハンドル

ハンドルバーはワイドでフラット。HPS300は小振りな丸型の液晶メーターを装備するが、HPS125は7インチの大型TFTディスプレイを採用(FRAT TRACKと共通と思われる)。 [写真タップで拡大]

モンディアル HPS 250 タンク
モンディアル HPS 250 シート

燃料タンクは前方下部がフォーク付近まで伸び、ニーグリップ部を強く絞った造形は懐かしさと新しさが混在。タックロールの座面を別体とした珍しいデザインのシート。もちろんタンデム可能だ。 [写真タップで拡大]

モンディアル HPS 250 ブレーキ
モンディアル HPS 250 後輪

フロントブレーキは4ポットのラジアルマウントキャリパーを装備し、ABS装備。写真のHPS300は280mmのラウンドディスクだが、HPS125はウェーブディスクを装備。リヤブレーキも300はラウンド、125はウェーブディスクを装備する。スイングアームフェンダー&ナンバーマウントは欧州車で流行。 [写真タップで拡大]

HPS 125[2022 model]

■軸距1360mm シート高795mm 車重133kg ■水冷4ストローク単気筒 124cc 13.6ps 1.07kg-m 変速機6段 燃料タンク9.5L ●価格:48万9500円 ●色:灰、黒

モンディアル HPS 125 GRAY

HPS 125 GRAY [写真タップで拡大]

モンディアル HPS 125 MAT BLACK

HPS 125 MAT BLACK [写真タップで拡大]

HPS 300[2022 model]日本限定モデル

■軸距1360mm シート高790mm 車重149kg ■水冷4ストローク単気筒 249cc 23.1ps 2.29kg-m 変速機6段 燃料タンク9.5L ●価格:57万6400円 ●色:灰、黒

モンディアル HPS 300 GRAY

HPS 300 GRAY [写真タップで拡大]

モンディアル HPS 300 MAT BLACK

HPS 125 MAT BLACK [写真タップで拡大]

名ライダーの名を冠した「パガーニ」

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300

フルカウルのクラシックレーサーに、モンディアルを駆って1949年から始まったロードレース世界選手権125ccクラスで初代チャンピオンを獲得した名ライダーのネッロ・パガーニの名を冠した。125、300(日本限定モデル)ともにエンジンやシャシーはHPSとほとんど共有するが、各所のデザインワークで見事なまでに別カテゴリーに変身している。 [写真タップで拡大]

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 前
モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 後ろ

HPSと同じヘッドライトだが、カウルに埋め込むことでイメージが激変。リヤもHPSとテールランプ周りの処理が異なる。 [写真タップで拡大]

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 カウル
モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 ハンドル

一見クラシカルなフルカウル風だが、アッパーカウルおよびセンターカウルがタンクの前部側面とツライチで一体化する優れた意匠。セパレートハンドルをトップブリッジ下にマウントする。 [写真タップで拡大]

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 タンク
モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 シート

燃料タンクはセンターの樹脂カバーの処理やグラフィックこそ異なるが、HPS、パガーニ、フラットトラックの3車で共通なのが凄い。シートも基本体に共通で、簡単に着脱可能なシングルシートカバーを外せばもちろんタンデム可能だ。 [写真タップで拡大]

SPORTCLASSIC Pagani 125[2022 model]

■軸距1360mm シート高804mm 車重133kg ■水冷4ストローク単気筒 124cc 13.6ps 1.07kg-m 変速機6段 燃料タンク9.5L ●価格:52万2500円 ●色:白×赤、青×銀

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 125 WHITE/RED

SPORTCLASSIC Pagani 125 WHITE/RED [写真タップで拡大]

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 125 BLUE/SILVER

SPORTCLASSIC Pagani 125 BLUE/SILVER [写真タップで拡大]

SPORTCLASSIC Pagani 300[2021model]日本限定モデル

■軸距1360mm シート高804mm 車重153kg ■水冷4ストローク単気筒 249cc 23.1ps 2.29kg-m 変速機6段 燃料タンク9.5L ●価格:58万800円 ●色:白×赤、青×銀

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 WHITE/RED

SPORTCLASSIC Pagani 300 WHITE/RED [写真タップで拡大]

モンディアル スポーツクラシック パガーニ 300 BLUE/SILVER

SPORTCLASSIC Pagani 300 BLUE/SILVER [写真タップで拡大]

これで公道モデル!? の「フラットトラック」

モンディアル フラットトラック 125

やる気満々でドリフトを決めそうな、直球のトラッカースタイル。エンジンやシャシーは基本的にHPS125と共通だが、アップハンドルや前進したステップでしっかりポジションチェンジ。 [写真タップで拡大]

モンディアル フラットトラック 125 ライト
モンディアル フラットトラック 125 メーター

大きなフロントゼッケンの下に小振りなLEDプロジェクターランプを装備。原二クラスとは思えない豪華装備の7インチの大型TFTカラーディスプレイは表示項目も多彩だ。 [写真タップで拡大]

モンディアル フラットトラック 125 シート
モンディアル フラットトラック 125 タンク

サイドカバーはヒートガード&ゼッケンに変貌し、細身のテーパー状のサイレンサーが左右2本出しとなる。シートは他モデルと同じ形状だが色付きのステッチがイカしている。シートカウルを外してタンデム可能だ。ガソリンタンクはHPSやパガーニと同一形状にもかかわらず、まったく別物見える。 [写真タップで拡大]

FRAT TRACK 125[2022 model]

■軸距1380mm シート高870mm 車重133kg ■水冷4ストローク単気筒 124cc 13.6ps 1.07kg-m 変速機6段 燃料タンク9.5L ●価格:52万2500円 ●色:黄、赤、黒

モンディアル フラットトラック 125 BLACK

FRAT TRACK 125 BLACK [写真タップで拡大]

モンディアル フラットトラック 125 RED

FRAT TRACK 125 RED [写真タップで拡大]

モンディアル フラットトラック 125 YELLOW

FRAT TRACK 125 YELLOW [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

フルサイズ・エンデューロ「SMX」

モンディアル SMX 125 エンデューロ

本格エンデューロのSMXは、アプリリアのRX125の兄弟車で、外装パーツの形状が異なるが、スペック的にはほぼ同じ。RX125はABS装備だがSMXはCBS(前後連動ブレーキ)となる。 [写真タップで拡大]

SMX 125 ENDURO[2022 model]

■軸距1425mm シート高1020mm 車重124kg ■水冷4ストローク単気筒 124cc 15ps 1.12kg-m 変速機6段 燃料タンク6.3L ●価格:45万7600円 ●色:黄、赤

モンディアル SMX 125 エンデューロ RED

SMX 125 ENDURO RED [写真タップで拡大]

モンディアル SMX 125 エンデューロ YELLOW

SMX 125 ENDURO YELLOW [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース