チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

まずは3/19大阪モーターサイクルショーから

新型「GSX-S1000GT」/モトGPマシン「GSX-RR」の実車あり! スズキ、モーターサイクルショー出展概要を発表

スズキは、3月から4月にかけて大阪・東京・名古屋の3か所で開催されるモーターサイクルショーについて出品概要を発表した。最新バイクのラインナップや2022年MotoGP参戦車両GSX-RR、2021年世界耐久選手権チャンピオン車両GSX-R1000Rを展示予定だ。

スズキブースの出展テーマは「旅にでよう。」……今年は会場とWEBの同時開催!

スズキは、第38回大阪モーターサイクルショー(2022年3月19日~21日)、第49回東京モーターサイクルショー(3月25日~27日)、第1回名古屋モーターサイクルショー(4月8日~10日)の3つのモーターサイクルショーに出品する概要を発表した。

今回のスズキブースは出展テーマを「旅にでよう。」とし、バイク旅をイメージ。展示車両は、発売されたばかりの新型スポーツツアラー「GSX-S1000GT」をはじめ、ハヤブサやVストロームシリーズなど人気車がズラリ。もちろんまたがり可能な車両の用意される。

また、さまざまな事情で会場を訪れることが難しいスズキファンに向けて、スズキ公式HP内のスペシャルサイトで「スズキWEB モーターサイクルショー 2022」を同時開催する。

なお、モーターサイクルショー会場でのスズキブースでは、新型コロナウイルス感染症対策から入退場口を設け、入口をブース正面に1か所、出口を右側に設置するほか、混雑が予想される場合には入場制限を実施する場合があるという。各自で気をつけつつ、楽しみたい。

スズキブース・俯瞰図。 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT [写真タップで拡大]

GSX-RR(2022年MotoGP 参戦車両) ※展示車のゼッケンは未発表 [写真タップで拡大]

GSX-R1000R……2021 年 FIM 世界耐久選手権(EWC)チャンピオン車両 [写真タップで拡大]

出品予定市販車:Hayabusa、GSX-R1000R ABS、新型GSX-S1000、新型GSX-S1000GT、KATANA、SV650 ABS、ジクサーSF250 GSX250R ABS、GSX-R125、GSX-S125 ABS、Vストローム1050XT、Vストローム650XT ABS、Vストローム250 ABS、バーグマン400 ABS


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームホンダ CB1000SF~CB1300シリーズ歴代22車を総解説「BIG-1発表から30年分の進化を一覧!」
WEBヤングマシン|新車バイクニュース