チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

電動バイク大増殖! 新作発表ブランド×10選[後編]〈EICMA2021現地レポート〉

EICMA2021電動バイク大増殖

EICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)はここ数年、電動バイクやE-Bike(電動アシスト自転車)など電動にまつわるあらゆるブランド誘致に積極的。本記事では今回集まった電動系ブランドを中心に、前半に引き続き後半5ブランドのニューアイテムを紹介しよう。

●文/写真:ヤングマシン編集部(河野正士)

【レポーター:河野正士】フリーランスのバイク系ライター。ニューモデルのインプレッションから海外のカスタムバイク系イベントの取材まで幅広く活動。EICMA取材は通算で10回を超える。

VOGE:スリム&コンパクトなスタイリッシュEV

中国のバイクブランド・ロンシンのモデルファミリー名だったVOGEが、ロンシンから独立したバイクブランドとなってブースを展開。この「ER10」は3.7kWhのバッテリーを搭載し、1回の充電で約120kmの走行が可能だという。最高速は90km/hを記録するスモールモーターサイクルだ。

EICMA2021|電動バイク|VOGE

「ER10」は3.7kWhのバッテリーを搭載し、1回の充電で約120kmの走行が可能だという。 [写真タップで拡大]

EICMA2021|電動バイク|VOGE

排気量321ccの並列2気筒エンジンを搭載した「Trofeo(トロフェオ)350AC」。ネオクラシックなデザインと、シンプルなボディカラーでスタイリッシュに仕上げている。 [写真タップで拡大]

SUPER73(スーパー73):ビーチクルーザーな電動モペッド

ビーチクルーザースタイルの車体に、自転車と同じ変速機と、モーターとペダルをセットする電動モペッドスタイルを採用するSuper73(スーパー73)。サスペンション/ブレーキの有無/グレード/リチウムイオンバッテリー脱着の有無などディテールが異なる最新の4モデルを展示。

EICMA2021|電動バイク|スーパー73

バイク&サーフカルチャーをミックスしたブランド・デウスEXマキナとのコラボモデル。 [写真タップで拡大]

EICMA2021|電動バイク|スーパー73

サスなどの構造。 [写真タップで拡大]

YADEA(ヤディア):台湾GOGOROの充電システムを採用

中国の電動バイクブランドYADEA(ヤディア)は、台湾の電動スクーター&バッテリースワップシステム運営会社・GOGORO(ゴゴロ)のプラットフォームを使い車両を製作。同時に中国の杭州で、ゴゴロ製バッテリー交換ステーションの運営をスタート。ケーブル式急速充電スタンドのほか、スマホのワイヤレス充電システムをアレンジした、電動バイクのワイヤレス充電システムのコンセプトも発表。これらが実現すると電動バイクの世界は大きく変わるだろう。

EICMA2021|電動バイク|ヤディア

GOGORO製バッテリーを搭載したバッテリー交換式の車両。 [写真タップで拡大]

EICMA2021|電動バイク|ヤディア

短距離走行用の1バッテリー仕様だ。 [写真タップで拡大]

EICMA2021|電動バイク|ヤディア

こちらはプラグ式急速充電システムのコンセプト。これも実現すると日常使いのスクーターから電動バイクまで、用途が広がる。 [写真タップで拡大]

EICMA2021|電動バイク|ヤディア

現在、急速充電システムを使用できる2輪車は少ない。車体の小さな2輪車はスペース確保や高電圧のコントロールがネックとなる。 [写真タップで拡大]

STEALTH(ステルス):MTBスタイルの電動モペッドという新しい電動のカタチ

軍事用オフロード製品の開発を行なってきたオーストラリアのイーバイクブランド・Stealth Electric Bikes(ステルスエレクトリックバイク)。元MVアグスタ社を率いたジョバンニ・カステリオーニが立ち上げたC-Creative(シークリエイティブ)社とのタッグで、MTBスタイルのモペッドと、同スタイルの電動バイクを発表した。

EICMA2021|電動バイク|ステルス

H52sはペダルを持たない&フラットシート採用の電動モーターサイクル仕様。 [写真タップで拡大]

EICMA2021|電動バイク|ステルス

リヤホイールにはハブモーターを採用。 [写真タップで拡大]

HELVIS EV(ヘルビスEV):移動だけじゃない、ファンな乗り物の電動キックボード

都市部においてマイクロモビリティを使って様々なソリューションを実現するHELVIS(ヘルビス)。電動キックボードはピニンファリーナによるデザインを採用。またこの車両は、レース用として高出力モーターやハイスペックのサスペンションやシャーシを採用した特別モデルだ。

EICMA2021|電動バイク|ヘルビス

メインシャフトはカーボン製。 [写真タップで拡大]

EICMA2021|電動バイク|ヘルビス

ハンドルはMTB用のテーパードタイプを採用している。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム新型ヤマハYZF-R7海外試乗レポート【幅広い用途で楽しめる1台】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース