シート下スペースは大容量37L

ホンダの原付二種スクーター「リード125」がモデルチェンジ! PCX系の新エンジンを搭載

ホンダは、通勤などでの利便性を追求した原付二種スクーター「リード125」をモデルチェンジし、2022年3月24日に発売すると発表した。PCXと同様の水冷4バルブ単気筒エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を搭載し、さらなる低燃費や環境性能向上を実現している。

●外部リンク: ホンダ

スマートキー新採用、USBソケットはタイプCだ!

ホンダは、優れた実用性で通勤ライダーなどに支持されている原付二種スクーター「リード125」をモデルチェンジし、2022年3月24日に発売する。

従来から好評の大容量シート下スペースやアクセサリーソケットの装備などに加え、新型ではエンジンの始動時やシートの解錠/施錠に便利なスマートキーを採用。スマートフォンなどの充電が可能なUSBソケット(タイプC)も装備する。

エンジンは、従来の水冷単気筒「eSP」からボア×ストローク設定がPCXと同じ(従来のリード125は52.4×57.9mm、新型は53.5×55.5mm)新エンジンに切り替わり、ヘッドは高効率な4バルブに。アイドリングストップシステムは継続採用している。

純正アクセサリーにはトップボックスやウインドシールドなどを豊富にラインナップする。

カラーリングは全4色をラインナップ。「マットテクノシルバーメタリック」は、フロントカバー、ハンドルカバーガーニッシュ、リアキャリアにブラックを施しツートーンカラーとし、エンブレムやフロントブレーキキャリパーやリアサスペンションスプリングをレッドとする事でスポーティな印象を演出し、価格は33万円。

「パールジャスミンホワイト」「パールダークアッシュブルー2」「ポセイドンブラックメタリック」は、フロントカバー上部にあるトップカバーの周りにメッキのリングをあしらい上質感のあるデザインで、価格32万4000円だ

HONDA LEAD 125[2022 model]

主要諸元■全長1845 全幅680 全高1130 軸距1275 シート高760(各mm) 車重116kg(装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 124cc 11ps/8750rpm 1.2kg-m/5250rpm 無段変速 燃料タンク容量6L■タイヤサイズF=90/90-12 R=100/90-10 ●価格&色:33万円(銀)/32万4000円(白、青、黒) ●発売日:2022年3月24日

HONDA LEAD 125[2022 model]

HONDA LEAD 125[2022 model]マットテクノシルバーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA LEAD 125[2022 model]

HONDA LEAD 125[2022 model]マットテクノシルバーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA LEAD 125[2022 model]

HONDA LEAD 125[2022 model]パールダークアッシュブルー2 [写真タップで拡大]

HONDA LEAD 125[2022 model]

HONDA LEAD 125[2022 model]パールダークアッシュブルー2 [写真タップで拡大]

HONDA LEAD 125[2022 model]

HONDA LEAD 125[2022 model]パールジャスミンホワイト [写真タップで拡大]

HONDA LEAD 125[2022 model]

HONDA LEAD 125[2022 model]ポセイドンブラックメタリック [写真タップで拡大]

HONDA LEAD 125[2022 model]

ヘルメットやB4サイズのバッグも収納できるシート下ラゲッジボックス(左)。フロントインナーボックスはワンタッチで開閉できるリッドを備え、500mlのペットボトルが収納できる。新装備のUSB Type-Cソケットは5V/3Aまで対応する。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホームクイックシフター装備! スズキ「KATANA」が新排出ガス規制に適合しながらパワーアップ
WEBヤングマシン|新車バイクニュース