ねとらぼ交通課のYouTubeネタピックアップ

千原せいじ主催のモトコンポ大集合イベントに「気合い入りすぎ」「ド変態」のガチな珍車大集結[YouTube]

ねとらぼ交通課

お笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじさんがYouTubeチャンネル「せいじんトコ」にて、自身主催で行なった「モトコンポ大集合イベント」の様子を披露しました。

朽ちる寸前のボロッボロ状態からピッカピカにレストアし、よみがえらせたせいじさんの愛車「モトコンポ」(関連記事)。せいじさんは「この喜びを“分かっているヤツ同士”で分かち合いたい!」「こだわったモトコンポ乗り、日本にはまだたくさんいるはず」と、全国のモトコンポ乗りを集めた自身主催のイベントを開催したのでした。

イベント当日は濃霧と豪雨というあいにくな天気。しかし、さすがは「あえて」「好きだから」’80年代のミニバイクであるモトコンポにこだわって乗リ続けるオーナーの皆さん。クルマに積載して来場した人もいましたが、遠いところから雨の中、カッパを着てトコトコ自走してやってきた本気モードの人も多くいたようです。気合いすごいぜ…!

「こんなに集まるなんて。しかも、こんな天候なのに…。モトコンポ乗りのパワーをなめてました(笑)」

自分の呼び掛けで全国各地のモトコンポが集まり、ゴキゲンだったせいじさん。 [写真タップで拡大]

集まったモトコンポはどれも気合いと思い入れバッチリ。まったく乗らずにコレクションとして大切に保管しているオーナー、22年前に初任給で買ったというモトコンポを持ってきた人も。「思い出のやつか! そういうの待ってたんや」とせいじさんもうれしそうに各マシンをイジります。

しっかしたくさんありますね…! ボアアップチューン済みの快速仕様、イワタニのカセットガス(CB缶)を燃料に走れるようにしたカスタム車、ボディーに”芝生”を生やした緑のド目立ちマシン(関連記事)、中身はなぜか”カワサキ”な魔改造マシン、高速道路も走れる(!)250ccエンジンカスタムマシン、親子3代でモトコンポカスタムを楽しむご一家、さらにはせいじさんのマイクを奪い取ってまでカスタムのこだわりを延々喋り続けた人も。「今日イチのオタクおったでー!」(せいじさん)。

全員何かしらの”深~いこだわり”があるという、モトコンポ乗りの皆さん。 [写真タップで拡大]

カセットガスで走れるよう改造されたモトコンポ。 [写真タップで拡大]

“EVモトコンポ”的な、折りたたんで”持ち運べる箱”になる電動バイク「HAKOBELL(ハコベル)」を持ち込んできた、「元トランスフォーマーのデザイナーだった」というガチな開発者の方も! 「これめっちゃくすぐるやん!」「これ話題になるね」とせいじさんも大興奮。これ超期待! [写真タップで拡大]

もうそれは個性派しかいない、オーナーの数だけこだわりと愛情があふれていました。モトコンポが今なお愛され続ける理由、これを見ただけで分かってしまいますよ♪

動画には「せいじ司会進行上手くておもろいな」という人から、参加者からの「いろんな人と交流できて楽しかった」「雨で開催できるか心配だったけど行ってよかった」などのコメントも寄せられていました。

動画はこちら↓

※画像はすべてYouTubeより。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

関連する記事

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報