レーシングR6は5度目のタイトル奪取

2022年もDNAは存続! ヤマハ「R6 RACE」「R6 GYTR」公道車が終了してもSSPの覇者として

ヤマハは欧州で、2020年に公道モデルを終了しているR6(YZF-R6)のレース仕様「R6 RACE」および高度な純正レーシングパーツを投入した「R6 GYTR」の2022年モデルを発表した。

純正レースキット組込済のマシンも正規ラインナップに

1999年に『打倒、YZF-R1』を掲げて登場したYZF-R6は、その後も戦闘力を磨き続け、超高回転エンジンやストイックなハンドリングにより、初心者ではポテンシャルの底を垣間見ることすら難しい孤高のキャラクターを強めてきていた。

現行モデルは2017年型をベースとしており、排出ガス規制などの影響から2020年モデルをもって公道モデルの販売を欧州/北米とも終了している。

ただし、欧州/北米/日本とも、いわゆるレースベース車を用意。今回発表の欧州ではレースベース車をR6 RACEと名付け、走行会やレースの場でR6のDNAを存続する。

さらに、GYTR(Genuine Yamaha Technology Racing)というヤマハ純正のキットパーツ群で強化したR6 GYTRも正式にラインナップに加わった(2021年はキット販売)。これはレース用カウルセット、アクラポヴィッチ製レーシングマフラー、ECU、ハーネスセット、フロントブレーキレバーガードといった、サーキットにおけるパフォーマンスを向上するパーツが最初から組み込まれたマシンだ。

YZF-R6(欧州名:R6)は2021年のワールドスーパースポーツ選手権を制し(1~4位までがヤマハR6)、5度目のタイトルを手にしている。

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

R6 GYTR 概要

・GYTR レース用カウルセット
・アクラポヴィッチ製レーシングフルエキゾースト
・GYTR ECUセット
・GYTR ワイヤーハーネスセット
・GYTR インターフェースケーブル
・GYTR オン/オフスイッチ
・GYTR AISプラグセット
・GYTR ABSエミュレーター
・GYTR キーレスタンクキャップ
・GYTR シートクッション
・ステンメッシュブレーキライン前後
・GYTR フルアジャスタブルリヤショック
・オプションの逆シフトキット
・リヤスプロケットプロテクター(シャークフィンタイプ)
・フロントブレーキレバーガード
・DID ゴールドレースチェーン(520コンバージョン)
・スプロケット 15T / 46T
・スプロケットナットセット(520コンバージョン用)
・リヤスタンドフック
・レーシングスタンド

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model]

YAMAHA R6 RACE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

YAMAHA R6 GYTR[2022 EU model]

YAMAHA R6 GYTR[2022 EU model] [写真タップで拡大]

YAMAHA R6 GYTR[2022 EU model]

YAMAHA R6 GYTR[2022 EU model] [写真タップで拡大]

YAMAHA R6 GYTR[2022 EU model]

YAMAHA R6 GYTR[2022 EU model] [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報