15の本気[マジ]~Maiki Abe~

【15歳 ノリックの息子】YZF-R25×阿部真生騎 サーキットスペシャルインプレッション

  • 2019/12/7

まだバイクで公道を走ったことがない“サーキット純粋培養”の15歳、阿部真生騎さん。レーシングライダーとして芽を伸ばしつつある彼が、初めて公道仕様のバイクにまたがった! 保安部品のついた新型YZF-R25は、彼のフレッシュな目にどう映ったのか!?  那須モータースポーツランドで人生初インプレッションにチャレンジする!

モトGPマシンみたいなデザインがカッコいい!

「水を得た魚」とは、このことだ。新型YZF-R25がイキイキとサーキットを駆けている。ブレーキング、コーナリング、そして加速と、伸びやかにパフォーマンスを発揮しているのだ。

YZF-R25を難なく乗りこなし、限界域まで本気のテストライドをしているのは、15歳の若きレーシングライダー、阿部真生騎さんだ。

アグレッシブなライディングは、幼少の頃からポケバイやミニバイクで腕を磨いたから……ではない。バイクに乗り始めてわずか2年というから驚かされる。

だが真生騎さんが、ノリックの愛称で知られたグランプリライダー・阿部典史さんの息子だと知れば、驚きは納得に変わるだろう。
 
’19年にはレース仕様の従来型YZF-R25で筑波、もてぎ、SUGOの各選手権にエントリーし、腕を磨いた。モタードの全日本スーパーモトではクラス優勝も果たしている。

とは言っても、何しろ15歳だ。免許はなく、公道走行仕様のバイクに乗るのは今回が初めて。サイドスタンドの存在に「!」と息を呑む(レーシングマシンはスタンドを装備していない)。

真生騎さんの父は、故・阿部典史さん(左写真は18歳で世界GPデビューした’94年)。祖父の光雄さん(右)は元オートレーサーというサラブレッドだ。

ここから先、真生騎さんのYZF-R25のインプレッションは、サーキット純粋培養の若きレーシングライダーのコメントということを留意してお読みいただきたい。ちょっとスペシャルなインプレなのだ。

遠くから、そして近くからYZF-R25を眺めた真生騎さんは、「カッコいいですね」と笑った。「ニーゴーの市販車って、もっと子供っぽいデザインかと思ってました。でも、これはカッコいい。ヤマハのモトGPマシン、YZR-M1っぽくて気に入りました」。かつて父・典史さんが走らせたマシンの名前をさらりと口にする。

ノリックがM1で戦ったのは、’04年まで。15年前のことで、進化し続けるレース界では「かなり昔のこと」と言える。だが、M1のアッパーカウル中央部には、当時も今も変わらないM字形のエアインテークが設けられている。もっとも吸気効率のよい位置と形状を貫き続けてのことだ。

その位置と形状は、新型YZF-R25にも受け継がれている。若い感性の真生騎さんが「M1っぽい」と感じたのは、かつて父が走らせたM1と、今、彼が眺めているYZF-R25との間に、ダイレクトな血脈があるからだ。

最初にYZF-R25にまたがった時、真生騎さんはちょっと困惑した。メインキーの操作方法が分からなかったのだ。レーシングマシンにキーはない。とことんレーシングライダーである。

軽快にスパスパ曲がる車体とても伸びやかなエンジン

那須モータースポーツランドに、並列2気筒エンジンの排気音が響く。タイヤを温め、初めてのコースを把握するために数周ゆっくり走ると、真生騎さんは徐々にペースを上げていった。

力強いエキゾーストノートを奏でながらインフィールドに飛び込んできたYZF-R25は、真生騎さんの的確なコントロールによってパシッ、パシッと車体を寝かせ、起き、機敏にコーナーを立ち上がっていく。ペースが上がれば上がるほど、バイクも人も楽しげに見える。とてもリズミカルだ。

YZF-R25を降りた真生騎さんは、「このシート、フワフワしててすごく座り心地がいいですね!」と15歳らしいフレッシュな笑顔を見せた。

彼が普段走らせているのは、シートと言っても薄いスポンジが貼られているだけのスパルタンなレース車両。市販車ならではの快適なシートにまず好感触を抱いたようだ。

「ポジションも、レース車両とはだいぶ違ってかなりラク。でも、サーキットを走っても違和感はありませんでした。いいバランスだと思います」

そしてレーシングライダーらしくギュッと引き締まった表情を浮かべると、「新型YZF-R25はすごく曲がりやすいです」とコメントした。

「最近は重さのあるYZF-R6やパワフルなモタードでの練習を繰り返しているので、その影響もあって軽快さが際立ったのかもしれません。

でも、僕が今年戦ってきたレーサー仕様のYZF-R25に比べても、切り返しのクイックさは遜色ないですね。むしろ軽く感じます。

Rの小さなタイトなコーナーでもスピードを落とさずにスパスパ曲がれるので、すごく気持ちいいです!」

レース仕様車は、保安部品を取り外し、専用カウルを装着するなどして軽量化が図られる。しかし、真生騎さんが走らせてきたのは従来型だ。新型は倒立式フロントフォークの採用を始め、車体まわりの剛性バランスが徹底的に見直されている。

レブリミッターに当たるまで回し切ったエンジンについても、好印象を持ったようだ。

「高回転域での伸びがすごくいい。僕が乗ってきたレース仕様と遜色ない速さです」と驚く。

ビギナーから上級者まで 満足させる懐の深さ──

その一方で、「ニーゴーらしく、発進時は極低回転からスロットルを開けやすいんです。そこから中回転域まではかなり扱いやすく仕立てられている。初心者の方でも安心できると思います。いろんな意味で、ちょうどいい仕上がりになってるんじゃないかな」と、バイク歴2年の15歳は笑う。

「真生騎にとって、’19シーズンにYZF-R25でレースしたことは最高の練習になりました」と、祖父にあたる阿部光雄さん。自身もオートレーサーとして鳴らし、現在は真生騎さんが所属するWebikeチームノリックヤマハの監督を務めている。

「真生騎がバイクに乗り始めたのは、ちょうど2年前の’17年11月22日のこと。いきなり600ccスーパースポーツはさすがに無理がありました。

でもニーゴーなら、危ない思いをすることなく基本を学び、ライディング経験を積み重ねることができる。YZF-R25では主にライディングフォームの作り込みに力を注いだんです」

さらに接戦を繰り返すことで、メンタル面を鍛えることにも役立ったと阿部監督は言う。

「レース界はもちろん、バイク業界全体にとっても、ニーゴーがブームになったのは大きなメリットがあったと思います。レースはエントリー数が増えましたし、バイク業界にとっては多くの若者が乗り始めてくれた。

15歳でレースに本気の真生騎はちょっと特別な例かもしれませんが、ファーストステップとしてYZF-R25は大事な役割を果たしてくれました。

あ、サーキットではニーゴー乗りのオジサンレーサーも目立つんですよ(笑)。老若男女、誰でも楽しめるのがニーゴーの良さですよね」

YAMAHA YZF-R25

φ37mm倒立式フロントフォーク、YZR-M1を彷彿させるカウルデザインやハンドルクラウンなどを新採用し、レーシングイメージを高めている。カジュアルな扱いやすさをベースに、スポーツ性能も向上。65万4500円(ABS装着車)。

DUNLOP α-13SP

α-13で定評があった軽快なハンドリングを維持しながら、ケーシング剛性をチューニング。スポーツ走行時のたわみ感、接地感を最適化したことで、高いコントロール性能を発揮する。今回のサーキットインプレッションのために装着した。

バイク専用サーキット

ライセンスを取得してのスポーツ走行を始め、各種スクールやイベントを多数開催。ビギナーからベテランまで幅広く楽しめるバイク専用サーキットだ。東北自動車道那須ICから約15分。

那須モータースポーツランド●全長 1146m ●最大直線長 281m ●コーナー曲率 15〜125R ●住所 栃木県塩原市寺子字坂の上677-1 ●URL http://nasumsl.redbaron.co.jp/

●文:高橋剛 ●写真:柴田直行/YM Archives

関連する記事/リンク

 

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

高橋 剛

高橋 剛

記事一覧を見る

カート上がりのバイク野郎。心震わす原稿が得意で、あのスポーツ名門誌・Sports Graphic Numberにも寄稿したりしなかったり。セッティングさえ出れば怖いものなしの隠れ文豪。

ヤマハ YZF-R25の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ YZF-R25

ヤマハ YZF-R25

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 298 価格種別 中古車 122

本体

56.47万円

価格帯 46.76~67.1万円

本体価格

本体

43.84万円

価格帯 33.89~57.19万円

諸費用

6.32万円

価格帯 6.04~6.2万円

諸費用

諸費用

2.92万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

62.8万円

価格帯 52.8~73.3万円

乗り出し価格

乗り出し価格

46.76万円

価格帯 40.61~54.16万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す