どこに? どのタイミングで? なぜ座る? シッティング大研究〈渡辺学のオフロードライディング指南|後編〉

渡辺学のオフロードライディング指南

世界的ライダー・渡辺学選手によるオフロードライディング指南企画『渡辺学のスキルアップラボ』から、レース用のライディングテクニックとして「シッティング」について学ぶ。前編では前めや後ろめの着座位置やその特性、コーナリングでのマシンの挙動の違いなどを説明したが、後編では前後とともにさらに具体的な着座位置に加え、座るタイミングやちょっとした応用まで伝授するゾ!!

●まとめ:ゴーライド編集部(山田晃生) ●写真:長谷川徹 ●取材協力:ウエストポイント

渡辺学|ツイスターレーシング|監督
[写真タップで拡大]

【ツイスターレーシング 渡辺学】2021年は主宰するツイスターレーシングにIBライダーが4名も揃い、全日本選手権モトクロスでの監督業が軸。スケジュールの合間にJNCCシリーズに参戦の予定となる、スキルアップラボ院長。サンデーライダーに好評の「ヒーローズえんでゅーろ」にもコース監修とスクールイベントで参加の予定だ。さらに本業であるマナブギョーザもメールで随時承り中! 一度食べたらクセになる味なのだ。マナブ先生は今日もオフロードを走り、ギョーザを焼く。

座るタイミング:ギャップ通過後/ブレーキング終了後

スタンディングからシッティング姿勢には、「ギャップを通過した後」であったり、「ブレーキングが終了してから」のタイミングで移行する。ここで大事なのは”コーナリング時のブレーキングを直線のうちに早めに終わらせる”こと。

マシンが傾いたままブレーキ操作を行うと、後輪が外にふくらみやすく、「バスッ!!」とエンストするなどのミスの原因になりやすいからだ。また、座るまでの間に、”ニュートラルでちょっと走らせる”こともポイントで、後輪が前輪の軌跡をトレースしやすくなる。結果、マシンの挙動が安定しやすく、狙ったラインをスムーズに走れるのだ。

ライテク|タイミング|コーナリング|シッティング
[写真タップで拡大]

直線部分で充分に余裕をもってブレーキングを終わらせて進入するのも、スムーズに走らせるポイント。

ライテク|タイミング|コーナリング|シッティング
[写真タップで拡大]

ニュートラルでスーッと走らせる時間をちょっと作ることで、この後、後輪が前輪のラインをトレースしやすくなり、車体が安定してくる。

ライテク|タイミング|コーナリング|シッティング
[写真タップで拡大]

自分が曲がれる速度まで落としてから前のほうに座る。

ライテク|タイミング|コーナリング|シッティング
[写真タップで拡大]

マシンを傾けて曲がる。前後輪が同じラインに入っているのも注目。

【応用編】座り直さずトラクションさせる:ぐっと沈めて後ろめに座ったのと同効果

かつてのトレンドにステップシート(シート上面に段差があり、加速時にお尻が勝手に滑って段差で止まる)があったが、現在のシートレザーはグリップが高く、滑ることで着座位置が後方になることはほぼない。逆をいえば着座位置を後方にズラしてトラクションをあげる、という乗り方にも不向きだ。

そこで、ちょっとした応用編として、座り直したりお尻をズラさずにトラクションさせる身体の使い方を伝授してもらった。着座位置を確認しながら実際にチャレンジしてみてほしい。

着座位置の振り分け

ライテク|着座位置|違い

着座位置[1][3]までが前め、[4][5]が後ろめとなる。詳細は前編をチェック!! [写真タップで拡大]

ライテク|着座位置|コーナリング|トラクションのかけ方
[写真タップで拡大]

コーナリングのクリッピングポイントを過ぎたあたり。着座位置は[2][3]くらいの前寄りだ。

ライテク|着座位置|コーナリング|トラクションのかけ方
[写真タップで拡大]

立ち上がってから加速の姿勢に入る。

ライテク|着座位置|コーナリング|トラクションのかけ方
[写真タップで拡大]

ここで背中を丸めるようにしつつ、着座位置は[2][3]くらいの前寄りのまま、オシリを後方に沈めるとトラクションアップ。

ライテク|着座位置|コーナリング
[写真タップで拡大]

前輪が浮くほど強烈な加速ができた。マシンを安定させるために、ふたたびステップに足を戻しておこう。

シートの”角”に座るというより”真ん中”に座ろう

よく聞く”シートの角に座る”動作をマナブ式では意識しない。多少どちらかに寄ることはあってもセンターが基本。理由はやはり最近のシートのグリップ力が高く、着座位置をズラしにくいからだ。さらに角に座るとコーナリング中はよくても立ち上がりでグリップが抜け、スライドしやすく感じる。また角に座ったあと、いちいちセンターに戻す動作が疲労につながるから。どんな速度域でも変わらず、センターを基本にしていることで必要最低限の動きになり、疲労も最小限に抑えられるのだ。

ライテク|着座位置|コーナリング

たとえば右コーナーであれば、右側のお尻に力を入れてブレないようにして、外側である左の太ももでバイクをホールドするイメージ。外足ステップを踏ん張る意識はない。ちなみにスポンジがヘタったシートだと、お尻を押した時にサブフレームに当たったような感触があるそう。 [写真タップで拡大]

ライテク|着座位置|コーナリング
[写真タップで拡大]

多少はどちらかに寄ることはあっても、マナブ式コーナリングではシートのド真ん中に座るのが基本。ちなみに足もそれほど高くあげない。ちょっとでも疲労を抑える乗り方と言える。だから長時間乗っても疲れにくいわけだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報