イッキに身近な存在へ

カワサキ「KLX230R/S」登場! ローダウン版は公道モデルにも波及する?

カワサキモータースジャパンは、クローズドコース専用オフロードモデル「KLX230R」をカラーチェンジし、2022年モデルとして発売する。また新たにサホイールトラベルを短縮してシート高を-25mmとした「KLX230R S」もラインナップし、ファンバイクとして間口を広げている。

北米で発表済みのKLX230Sのコンペモデル版

カワサキモータースジャパンが発表したKLX230RおよびKLX230R Sは、従来からあるRモデルのカラーチェンジ版と、新たにラインナップされるローダウン版“S”の2本立て。気軽に乗れる空冷単気筒エンジンながらハードコアなシート高を誇っていたKLX230系が、もっと親しみやすくなる。

KLX230シリーズは、本格的なオフロードライディングを幅広いユーザーが楽しめるファンバイク。低中回転域から力強いトルクを生み出す空冷4ストローク232cc単気筒エンジンと、カワサキ伝統のコンパクトなペリメターフレームを採用し、公道モデルのKLX230と、クローズドコース専用のKLX230Rをラインナップしてきた。

しかし、KLX230Rの空冷エンジンは19psと親しみやすいがシート高は925mmとなかなかのもので、ビギナーにはやや手厳しい面があったことも事実。これの間口をもっと広げるために、フロントフォークのホイールトラベルを250→220mmに、そしてリヤサスペンションは251→223mmとしてシート高を900mmまで下げたのが、新規ラインナップされるKLX230R Sというわけだ。

価格はいずれも52万8000円で、発売日は2021年12月1日。ちなみに、北米ではこの10月初旬に公道モデルのKLX230にも“S”が発表されており、こちらはシート高885mmの標準モデル(国内仕様の数値)に対し、約830mm(北米仕様の数値/32.7インチ)とかなりのローダウンになっている。公道モデルの日本国内導入にも期待せずにはいられない。

2019年10月発売の現行KLX230(国内仕様)はシート高885mm。価格は49万5000円だ。最低地上高は265mmと十分な数値を確保している。 [写真タップで拡大]

北米で2021年10月5日に発表されたKLX230Sはシート高32.7インチ(約830mm)だ。公式に配布された写真はロゴのみをCGで貼り替えたもののようで見た目に現行と違いはないが、スペック上は最低地上高も8.3インチ(約210mm)となっている。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLX230R/S[2022 model]

主要諸元■全長2045[2035] 全幅840 全高1200[1175] 最低地上高300[275] 軸距1360[1350] シート高925[900](各mm) 車重115kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 232cc 19ps/8000rpm 2.0kg-m/6000rpm 変速機6段 燃料タンク容量6.5L■タイヤサイズF=80/100-21 R=100/100-18 ※[ ]内はS ●価格: 52万8000円 ●発売日: 2021年12月1日

KAWASAKI KLX230R[2022 model]

KAWASAKI KLX230R[2022 model] ライムグリーン(GN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLX230R[2022 model]

KAWASAKI KLX230R[2022 model] ライムグリーン(GN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLX230R[2022 model]

KAWASAKI KLX230R[2022 model] ライムグリーン(GN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLX230R S[2022 model]

KAWASAKI KLX230R S[2022 model] ライムグリーン(GN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLX230R S[2022 model]

KAWASAKI KLX230R S[2022 model] ライムグリーン(GN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLX230R S[2022 model]

KAWASAKI KLX230R S[2022 model] ライムグリーン(GN1) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報