Royal Enfield METEOR 350×RIDE HI

【ロイヤルエンフィールド メテオ350 試乗インプレ!】ひと目で伝わる圧倒的な質感の違い

エッ、これで350?、ゆったりとしたサイズに跨がり、エンジンの予想もしなかった雰囲気のあるレスポンスに痺れ、走り出すと思わず……。間もなく国内で正式発表される見込みのメテオ350は、ロイヤルエンフィールドの新設計単気筒エンジンを搭載する、“普通二輪免許で乗れる”ミドルクルーザーだ。

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: 長谷川徹

500ccクラスの存在感とクオリティ、空冷で最新エンジンに込められた感性とは?

ロイヤルエンフィールドから新型の350がデビューする、昨年そんな噂に続いて生産国インドでイージークルーザーのスタイル発表があり、今年の夏を過ぎてようやく日本上陸となった。

すでにINT650やコンチネンタルGT650で、水冷でしか生き残れないと言われているこの時代に、空冷でも最新テクノロジーを駆使した新世代エンジンの醍醐味に衝撃を受けた身として、この350にも期待を寄せていた。

そして初対面、まずはその存在感に驚く。わかりやすくいえば、350とは思えない大きさを感じさせるのだ。

もちろんビッグバイクの車格には及ばない。しかし大きくそそり立つ単気筒シリンダーや、クランクケースのサイズも500cc以上をイメージさせる。

とはいえ、ありがちなクラシカルな雰囲気のため不必要に大きさを稼いだ感じはない。左側の膨らみにある、あらかじめ低い回転でもトルクが安定する大きめの慣性力(フライホイールマス)を与えたジェネレーターや、クランク前方にバランサーを配しギヤ配列で大きくないクラッチ径とを繋ぐやや全長のある右側シルエットなど、日本製バイクで見慣れたコンパクトさを追求する方程式にはない逞しさと美しさが漂う。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報