最上級エンジンパフォーマンスキット「スクリーミンイーグル ステージ4」を組み込んだフォーティーエイトを試乗!

最上級エンジンパフォーマンスキット「スクリーミンイーグル ステージ4」を組み込んだフォーティーエイトを試乗!

ハーレーダビッドソンのレース部門であるスクリーミンイーグルがリリースする、最上級のエンジンパフォーマンスアップキット「ステージ4」を組み込んだフォーティーエイトに、『ウィズハーレー』誌・青木編集長が試乗した。その詳細をレポートする。

●文:ウィズハーレー編集部(青木タカオ) ●写真:関野 温 ●外部リンク:HSC沼津

純正スクリーミンイーグルステージ4の実力!!

スクリーミンイーグルはハーレーダビッドソンのレース部門であるが、公道仕様として法規にも準拠したハイパフォーマンスパーツをボルトオンで数多くリリースしている。競技で培われた技術やノウハウが惜しみなく投入され、高性能であることはもちろん、純正ゆえに耐久性や整備性も高く、世界中のチューナーやカスタムビルダーからも絶大な信頼が寄せられている。

エンジンのパフォーマンスアップキットは、インテークチューニングつまりハイフローエアクリーナーとECMキャリブレーションをセットにした「ステージ1」からはじまり、「ステージ2」では吸/排気タイミングを決定づけるカムシャフトといった具合にグレードが上がる度にハードとなり、最上級の「ステージ4」では高圧縮ピストンやハイリフトカム、ポート加工したシリンダーヘッドとビッグボア・スロットルボディなどが同梱され、エアクリーナーやマフラーを交換の上、インジェクションチューニングでセッティングを最適化すれば、飛躍的なパワーアップが約束される。

ハーレーダビッドソン|スクリーミンイーグル|ステージ4キット

スクリーミンイーグル エンジンパフォーマンスキット[ステージ4] [写真タップで拡大]

トルクフィールは劇的に変わり、3000rpmを超えると力強さがいっそう増し、7000rpmまで苦しげもなく回っていくから驚きを隠せない。ノーマルならもうとっくに回り切って頭打ちの気配を漂わすところからのもうひと伸びがあり、しかもアクセルを戻したくなるような振動の発生もなく、トップエンドまで淀みなく回っていく。

低い回転域、街乗りなら2000rpmでもゆったり流せて、十分に楽しいスポーツスターの持ち味をそのままに、アクセルをより積極的にワイドオープンし、高回転を気持ちよく使って走ろうという気にさせてくれる。

D&D製ボブキャット2in1集合マフラーもフルスロットルでの性能が追求され、パワーを求めるライダー向け。サウンドにも迫力があり、高出力化に大きく貢献しているのは間違いない。

また、これほどにエンジンを力強くすれば、足まわりも疎かにできない。ハイパープロのストリートボックスはフロントスプリングとリアショックユニットのセットで、路面追従性に優れ、負荷をかけた際にしっかりと踏ん張りが効く。ノーマルでは低重心でベターッと路面に張り付くようにして乗るフォーティーエイトだが、サスペンションがしっかり働いてくれることで車体姿勢を把握しやすく、前後バランスを取りやすい。切り返しもシャープになって、車体を自在に操れる。この足まわりなら長時間走行でも疲れにくく、ワインディングではエキサイティングなライディングが味わえるだろう。

今回紹介したカスタム車のオーナー・池谷氏に聞けば、ツーリングは国産ビッグバイクに乗る仲間と行き、絶えずハイペースとのこと。航続距離を稼ぐラージランク、防風効果を高めるビキニカウル、ハードに走る心臓部と足まわり、なるほど合点がいく。48の走りに対する潜在能力、侮れない!

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|エンジン
ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|エンジン

CNCポート加工シリンダーヘッドをはじめ、高回転・高負荷に対応するパフォーマンスバルブスプリング、ハイリフトなSE-585カム、鍛造ハイコンプレッションピストン&リング、58mmスロットルボディ&インテークマニホールド、トップエンドガスケットキットを同梱するスクリーミンイーグル(Screamin Eagle) スポーツスター ステージ4キット。さらにS&S製ハイパフォーマンス油圧タペット、アジャスタブルプッシュロッド、ローラーロッカーアームセット 、TPP製VPクラッチSP270プレートが組み込まれ、スクリーミングイーグル ヘビーブリーザーエアクリーナーがセットされている。ブラックアウトされたエンジンの中で鮮やかなカラーでアクセントとなっているプラグコードは、テイラー(Taylor) スパイロプロワイヤー。質感のいいダイキャストアルミ製ダービーカバーはH-D純正ナンバー1スカルコレクション。エキゾーストパイプの下に隠れるタイマーカバーも同じデザインにコーディネイトされている。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|スクリーミングイーグルキット
[写真タップで拡大]

エンジンプラグホール手前のフィンには“ScreaminEagle”のロゴが刻印され、Vツインエンジンが只者ではないオーラを放っている。

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|スクリーミンイーグル・ステージ4キット|パワーグラフ
[写真タップで拡大]

スクリーミンイーグル・ステージIVキットによって、中速域のトルクを犠牲にすることなく高回転でのパワーも飛躍的に向上。

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム

前後サスペンションはハイパープロ(HYPERPRO)。ライダーや走行シーンに合わせて柔軟なセッティングができる広い調整域と、疲れにくいシルキーな乗り心地が持ち味。フロントスプリングとリアショックユニットをセットにしたストリートボックスを選んだ。リヤショックは日本人向けに設定を変更した”ジャパンスペック”で、日本の路面状況/平均体重/気候などに考慮して設定されている。 [写真タップで拡大]

スタイリングも秀逸なフォーティーエイトカスタム

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|ビキニカウル
ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|ハンドルまわり

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|グリップ
ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|エンジンスポイラー

ビキニカウルやエンジンスポイラーの装着、ウインカー移設、ハンドルやタンク交換、フェンダーカットなど、オーナーご自身でできるところは取り組んだ’20フォーティーエイト。ヘッドライトを純正LEDにグレードアップし、ハンドルもZバーに交換。グリップやフットペグはローランドサンズデザイン(RolandSands Design)で揃えた。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|タンク
ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|タンクキャップ

ビレットアルミニウム製のタンクキャップはラフクラフツ(ROUGH CRAFTS)で、上面外側の溝が掴みやすく、デザインアクセントにもなっている。ブラックアノダイズ仕上げで、ベント機構も付く。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン フォーティーエイト カスタム|シート
[写真タップで拡大]

ダイヤモンドステッチのシートに装着するのは、クシタニのウエストバッグ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報