あのバイク映画……じゃないよ!|モーサイ

『イージー・ライダー』人気に便乗したB級映画と思ったら、笑いあり涙ありのエンタメ作品だった『C.C.ライダー』

●レポート&写真: モーサイ編集部(小泉)

共通点は“主人公の第一印象が最悪”だったこと?!

バイク映画といえば『イージー・ライダー』……と言っても過言ではないほど、年配の人から「イージー・ライダーに憧れてバイクに乗り始めた」なんて話を聞きますが、それほど当時(1970年)の人気がスゴかったのでしょう。

そんな『イージー・ライダー』の人気に便乗するかのようにタイトルが似ているバイク映画を発見しました!

その作品とは……1971年に日本で公開された『C.C.ライダー』です。

このタイトルを見た筆者は、物語の内容も似ている『イージー・ライダー』のパクリ映画なのかと思っていたのですが、アメリカでは『C.C. and Company』というタイトルで公開されているバイク映画でした(日本向けにタイトルがアレンジされた!?)

ますますどんな映画なのか気になったので、『イージー・ライダー』を視聴済みの上で『C.C.ライダー』を実際に見てみることにしました。

※当記事には『C.C.ライダー』や『イージー・ライダー』本編のネタバレが含まれています。未視聴の方はご注意ください。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報