雑ネタ|モーサイ

中高年バイク好きに人気絶大の『イージー・ライダー』を今の20代が予備知識なしで見たら、正直ワケわからなかった

●レポート:モーサイ編集部(小泉) ●写真提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

最近年配のバイク乗りの人から「イージー・ライダーに憧れてバイクに乗り始めたんだよね」とか「イージー・ライダーに出てくるバイク、かっこいいよね」なんて話を聞く機会が多いのですが……なぜ、ある一定以上の世代に『イージー・ライダー』という映画がそこまで「刺さる」のか疑問に思った筆者。

作品の名前は自分を知っていましたが、カッコいいバイクが出ているから人気になったのか、もしくは登場人物たちの中に有名な俳優が出演しているからなのかナゾです。

映画をきっかけにバイクに乗るようになる……そんな人生に大きな影響を与えるような作品だったのでしょうか?

そこで、『イージー・ライダー』の中身について1ミリも知らない20代の筆者が、予備知識なしで実際に見てみました。

※当記事には『イージー・ライダー』本編のネタバレが含まれています。未視聴の方はご注意ください。

『イージー・ライダー』は当時のアメリカの社会情報を知らないと分からない?

まず、結論を言うと「意味がわからなかった」というのが最後まで見終わった感想です。

『イージー・ライダー』はストーリーについて説明がないまま物語が進む場面が多く、戸惑います。

後に調べて知ったのですが、当時……1960年代のアメリカの社会情勢や文化の予備知識がないと――。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報