価格上昇は実質なし

新型エンジン搭載のホンダ「モンキー125」「スーパーカブC125」は9月27日発売!

ホンダは、人気の原付二種レジャーバイク「モンキー125」および「スーパーカブC125」をモデルチェンジし本日9/27に発売する。いずれもロングストロークの新型エンジンを搭載し、モンキー125は待望の5速ミッションを採用、スーパーカブC125はABSを装備する。

【モンキー125】バナナイエローは廃盤、フレームはブラックに

タイや欧州ではすでに発表されていたホンダの新型モンキー125が、国内でも発売された。2018年の登場以来、多くのユーザーに愛されているスタイリングはそのままに、ロングストロークの新エンジンを搭載しての登場だ!

先行して発売されている新型グロムと同系のエンジンは、ボア×ストロークを[52.4×57.9mm]から[50.0×63.1mm]へと大幅にロングストローク化。圧縮比を9.3→10.0と高め、オフセットシリンダー&ローラーロッカーアームなどを採用したことも併せ、燃費の向上と排ガスのクリーン化、より力強いトルク特性を狙う。

じっさい、最高出力9.4ps&最大トルク1.1kg-mは変わっていないが、発生回転数は最高出力が7000→6750rpm、最大トルクは5250→5500rpmへと変化している。これらから想像できるのは、豊かな中速トルクと高回転域のパンチ力増大だ。

もうひとつの大きなトピックは、従来の4速に替えて5速トランスミッションを採用したことだろう。従来のモンキー125は3速/4速の間が離れ気味で、スポーティな走りを狙う場合は5速化カスタムが定番となっていた。これの純正採用は多くのファンが待ち望んでいたものといえよう。

また、1次/2次減速比と掛け合わせると1速は従来よりもショートに、トップ5速(従来は4速)はロングになっており、ゼロ発進加速から最高速域に至るまでまんべんなくカバーする“つながるパワー”を手に入れたと言えそうだ。燃費は実走行に近いWMTCモードで従来の67.1km/Lから70.0km/Lへと4%強の伸びを見せ、計算上の航続距離は392kmという、モンキー125の車格からすれば途方もない数値になった。

興味深いのは、2次減速比の変更にともなってか軸距は従来の1155mmから1145mmへとショートホイールベース化されている点だ。微妙な違いではあるが、160→175mmになった最低地上高(おそらくエキゾーストパイプの変更による)と相まって、やや短足スタイルの可愛らしいたたずまいに変化している。

そしてエンジン関連以外の構成はほぼ現行型を踏襲しつつ、ABSの有無が選べる現行モデルに対し新型はABS(フロントだけが作動する1チャンネルABS)搭載モデルのみをラインナップ。車重は従来のABSモデル比で3kg軽い104kgになった。

カラーリングは従来の色味と同様だが、ツートーンの配置が逆転し、フレーム&ホイールはブラックアウト。そして残念ながらバナナイエローは廃盤に。新型はパールネビュラレッド、パールグリッタリングブルー、パールシャイニングブラックの全3色ラインナップとなった。

剛性感のある倒立フロントフォークやクッション性に優れた肉厚シートなどの装備は継承し、新たにグリップヒーター(2万900円)が純正アクセサリー設定されたのもうれしいところ。価格は従来のABS搭載モデルから据え置きの44万円だ!

HONDA MONKEY 125[2021 model]

主要諸元■全長1710 全幅755 全高1030 軸距1145 シート高776(各mm) 車重104kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.4ps/6750rpm 1.1kg-m/5500rpm 変速機5段 燃料タンク容量5.6L■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●価格:44万円 ●色:赤、青、黒 ●発売日:2021年9月27日

HONDA MONKEY 125[2021 model]

HONDA MONKEY 125[2021 model]パールネビュラレッド [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 model]

HONDA MONKEY 125[2021 model]パールネビュラレッド [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 model]

HONDA MONKEY 125[2021 model]パールグリッタリングブルー [写真タップで拡大]

HONDA MONKEY 125[2021 model]

HONDA MONKEY 125[2021 model]パールシャイニングブラック [写真タップで拡大]

【スーパーカブC125】待望の純正ピリオンシートもアクセサリー設定!

新型スーパーカブC125も、同時発表のモンキー125と同様にロングストローク化&圧縮比アップを図った新エンジンを搭載、そして新たに、フロントに働く1チャンネルABSを採用したモデルのみのラインナップ(従来はABSなし)となる。

スーパーカブC125の新型エンジンも、ボア×ストローク値は[50.0×63.1mm]のロングストローク設定に。先行発売されているグロムや新型モンキー125と同じ数値で、これが新世代のホンダ横型エンジン原付二種のスタンダードになっていくはずだ。

ただし、5速ミッションを採用した新型モンキー125に対しコチラは4速ミッションのまま。各ギヤの減速比も従来と同じだが、1次/2次減速比が変更されたことで、総減速比はわずかにロング傾向になった。わずかではあるが最高出力が向上し、その発生回転数も上昇したことと併せて、従来よりも高まった巡航速度とスポーティな走りが期待できそうだ。燃費は実際の走行に近いWMTCモードで従来の66.1km/Lから68.8km/Lへと約4%向上。3.7Lの燃料タンクと掛け合わせると、計算上の航続距離は250kmを超える。

そして、車重はABSを搭載したにもかかわらず、ABSなしの従来型と同じ110kgをキープしているのが興味深い。新型エンジンは軽さの部分でも貢献しているのだろう。

車体色は従来のグレーおよびブラックが廃止され、新たにパールネビュラレッドを追加。既存のパールニルタバブルーと合わせて全2色の設定になった。また、快適性を高める純正アクセサリーとして、グリップヒーター(2万900円)および待望のピリオンシート(1万4300円)が新たに設定されたこともトピックだろう。後者は車体色に合わせて2色がラインナップされる。

ABSを標準装備としたことで価格は上がり、CT125ハンターカブや新型モンキー125と同じ44万円に。とはいえ、ABS搭載以外に値上がり要素がないのは驚きだ。

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

主要諸元■全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245 シート高780(各mm) 車重110kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.8ps/7500rpm 1.0kg-m/6250rpm 変速機4段 燃料タンク容量3.7L■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-14 ●価格:44万円 ●色:青、赤 ●発売日:2021年9月27日

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]パールニルタバブルー [写真タップで拡大]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]パールニルタバブルー [写真タップで拡大]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]パールネビュラレッド [写真タップで拡大]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

純正アクセサリーのピリオンシート。レッドとグレーの2色設定で価格は1万4300円だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報