濱原はランキング2位でHonda勢トップ!

【公式レポート】中須賀が全日本最高峰クラスで初のシーズン全勝を達成!!【全日本JSB1000】

第7戦オートポリス JSB1000クラス レース2

18周で争われたJSB1000のレース2は、ポールシッター中須賀克行のホールショットで始まり、名越哲平、加賀山就臣、濱原颯道、秋吉耕佑、そして朝のウォームアップ走行で転倒した亀井雄大と津田一磨、岩田悟、やはり朝のウォームアップ走行で転倒した山口辰也の順でオープニングラップを終える。

2周目にトップ中須賀がラップタイムを1分48秒台に上げ、1分49秒台の2番手以降を引き離しにかかると、3周目には中須賀と2番手の名越との間に1秒038のタイム差が生じる。さらに中須賀は4周目にレース中のファステストラップとなる1分48秒896をマークすると、この時点で名越とのタイム差を1秒544とし、さらに5周目にその差は2秒177に広がった。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報