停止線が大事……というお話|モーサイ

バイクの一時停止「足が着地したか」を基準にはしていない!? 元警察官が明かす一時停止違反の取り締まり実態とは

警察庁が発表した資料によれば、令和2年度の交通事故死者数は2839人(前年比−376人)、重傷者数2万7774人(前年比−4251人)と減っているが、一時不停止件数は160万4972件あった。前年度に比べると27万6818件も増えていることになる。ちなみにバイクで一時不停止をした場合、自動二輪車では6000円、原付(50cc)では5000円の反則罰金と、反則点数2点が科せられる。

●監修:鷹橋 公宣 ●まとめ:モーサイ編集部(小泉元暉)

一時停止のモヤモヤ、何が基準なの?

【参考:令和2年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について 41ページ】

バイクの一時停止違反(一時不停止)というと常々話題に挙がるのが「足を地面に着いていないことを指摘され捕まった」というもの。

この「足」というのは、両足なのか、片足なのか。もし両足を絶対着かないとダメだとしたら、シート高の高い車種に小柄な人が乗っていた場合、両足が届かないケースだってある。
いや、そもそも、本当に「足を着いたかどうか」が何らかの基準になっているのか。

そこで当記事ではバイクにおける一時停止のモヤモヤについて、元警察官・刑事の鷹橋 公宣さんに聞いてみた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報