1万8399ドルのGYTR仕様

ヤマハYZF-R6が200万円で北米マーケットに蘇る! ただしサーキット専用、超限定販売!?

ヤマハは北米でYZF-Rシリーズの2022年モデルを発表。WGP参戦60周年記念カラーを現行スーパースポーツにフルラインナップで揃える一方で、ひっそりと告知されたのは、2年振りとなるYZF-R6の復活だった。FRP外装に身を包み、サーキット専用モデルとしてその名を「YZF-R6 GYTR」に改め……。

公道版R6は、2020年モデルを最後に欧州からも北米からも撤退していた

日本では逆輸入車として2020年モデルが導入されたのを最後に、新車ラインナップから姿を消したYZF-R6。欧州や北米でも同様の動きとなったのはショッキングなニュースとして報じられたが、欧州ではサーキット専用の「R6 RACE」が2021年モデルとして登場していた。日本においてもYZF-R1とともにレースベース車が期間限定予約で販売され、サーキットを主戦場として生き残るという、尖りまくったR6らしい道を歩んでいる。

欧州の2021年モデルでは、併せてR6 GYTRキットなるものも発表された。これはGYTR(Genuine Yamaha Technology Racing)というヤマハ純正のキットパーツ群で、レース用カウルセット、アクラポヴィッチ製レーシングマフラー、ECU、ハーネスセット、フロントブレーキレバーガードといった、サーキットにおけるパフォーマンスをさらに向上するためのものだ。

ということで、もうおわかりだろう。今回、北米の2022年モデルとして発表された「YZF-R6 GYTR」の名が意味するのは、ストリートリーガルであることをやめ、その代わりにGYTRのキットパーツセットを組み込んだ戦闘力マシマシのYZF-R6が発売されるということなのだ。

YAMAHA YZF-R6 GYTR[2022 US model] [写真タップで拡大]

YZF-R6 GYTRには下記のパーツ群がセットになる。

・白ボディの外装キット
・レース用シート
・GYTR-ECU
・インターフェース付きハーネスキット
・アクラポヴィッチ製フルエキゾースト
・520チェーン&スプロケット
・レーシングリアセット
・AISプラグセット
・削り出しブレーキレバーガード
・シャークフィン ドリブンスプロケットガード
・GYTR ABSエミュレーター
・GYTRレーシングタンクキャップ
・オン/オフスイッチ
・GYTRブレーキラインセット
・その他スペシャルパーツ

なお、YZF-R6 GYTRは非常に限られた数の販売とされ、北米のディーラーで2022年4月より取り扱うとのこと。価格は2020年の公道モデルから+6200ドルの1万8399ドル(日本円換算約201万円)と、こちらも破格だ。

日本における2022年レースベース車については情報を収集中。どんな形にせよYZF-R6が生き残ることは、ファンにとって嬉しいことに違いないが、いつか公道モデルとして復活する芽はあるのだろうか……?

2020年モデルとして日本に最後に入荷したYZF-R6は南アフリカ仕様/オーストラリア仕様だった。118.4ps/14500rpmの超高回転パワーと装備重量190kgが織りなす走りは強烈で、「白面の者」をモチーフにしたと言われるフェイスデザインも多くのファンを虜にした。発売時の価格は159万5000円。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報