鮮やかなレッドが加わる

ホンダが新型「スーパーカブC125」国内仕様を正式発表! 4速のまま新エンジンに

ホンダは、ロングストローク化&圧縮比アップの新エンジンを搭載する新型「スーパーカブC125」を正式発表した。新たにフロントブレーキに作動する1チャンネルABSを採用し、価格は44万円になっている。

待望の純正ピリオンシートもアクセサリー設定!

ホンダは、欧州などで先行発表されていた新型スーパーカブC125の国内仕様を正式発表した。同時発表のモンキー125と同様にロングストローク化&圧縮比アップを図った新エンジンを搭載し、新たにフロントに働く1チャンネルABSを採用したモデルのみのラインナップ(従来はABSなし)となる。

スーパーカブC125の新型エンジンも、ボア×ストローク値は[50.0×63.1mm]のロングストローク設定に。先行発売されているグロムや同時発表のモンキー125と同じ数値で、これが新世代のホンダ横型エンジン原付二種のスタンダードになっていくはずだ。

ただし、5速ミッションを採用した新型モンキー125に対しコチラは4速ミッションのまま。各ギヤの減速比も従来と同じだが、1次/2次減速比が変更されたことで、総減速比はわずかにロング傾向になった。わずかではあるが最高出力が向上し、その発生回転数も上昇したことと併せて、従来よりも高まった巡航速度とスポーティな走りが期待できそうだ。燃費は実際の走行に近いWMTCモードで従来の66.1km/Lから68.8km/Lへと約4%向上。3.7Lの燃料タンクと掛け合わせると、計算上の航続距離は250kmを超える。

そして、車重はABSを搭載したにもかかわらず、ABSなしの従来型と同じ110kgをキープしているのが興味深い。新型エンジンは軽さの部分でも貢献しているのだろう。

車体色は従来のグレーおよびブラックが廃止され、新たにパールネビュラレッドを追加。既存のパールニルタバブルーと合わせて全2色の設定になった。また、快適性を高める純正アクセサリーとして、グリップヒーター(2万900円)および待望のピリオンシート(1万4300円)が新たに設定されたこともトピックだろう。後者は車体色に合わせて2色がラインナップされる。

ABSを標準装備としたことで価格は上がり、CT125ハンターカブや新型モンキー125と同じ44万円に。発売日は2021年9月27日だ。

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

主要諸元■全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245 シート高780(各mm) 車重110kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.8ps/7500rpm 1.0kg-m/6250rpm 変速機4段 燃料タンク容量3.7L■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-14 ●価格:44万円 ●色:青、赤 ●発売日:2021年9月27日

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]パールニルタバブルー [写真タップで拡大]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]パールニルタバブルー [写真タップで拡大]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]パールネビュラレッド [写真タップで拡大]

HONDA SUPER CUB C125[2021 model]

純正アクセサリーのピリオンシート。レッドとグレーの2色設定で価格は1万4300円だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報