教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】油圧式とワイヤー式クラッチ……何が違うのですか?

クラッチの操作に油圧式とワイヤー式があることを知りました。油圧式のほうが高価なバイクに使われている気がしていましたが、スーパースポーツやスポーツネイキッドにも使われています。この2種類は、そもそも何が違ってどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●写真:カワサキBMW

A.それぞれメリット、デメリットがあります

クラッチ操作に油圧式を採用したのは、いわゆるメンテナンスフリーを目指したのがそもそもの始まりでした。バイクのクラッチは、ダイアフラムスプリングを使った単板式のクルマと違って、多板式というクラッチプレートとフリクションプレートとが交互に組まれた構造が一般的です。

これはエンジンをコンパクトにするため、もっとも多い横置きクランクシャフトに対し、トランスミッションを並行に置く構成では、クラッチの径を大きくできないからです。またバイクのエンジンにはレスポンスに俊敏さが求められますが、大きな径だと回転したときの慣性力で速やかな回転上昇が妨げられてしまことになります。

要するに強大なパワーやトルクほど、クラッチは滑らずに駆動力を伝えるため相応の面積を必要とするのですが、この径が大きくなってしまうのを何枚にも分散して小径化しているわけです。

ところがこの多板式、ちょっとした摩耗でも6〜8枚もあるために、すべてが合わさるとクラッチの切れる位置や半クラッチの位置がすぐに変わりやすいという弱点があります。また強烈に半クラッチを使った後など、熱膨張で同じようにクラッチ操作のレバー位置が変化してしまいます。

これを昔からあるワイヤー式から油圧式にすると――。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報