ライディングテクノロジー×ライドハイ

シート高で乗れるバイクが決まってしまう……? そうとも限らない、いくつかの対処法!

足の届かないバイクには乗れない? シート高800mmあたりが身長160cmで安心できる高さというけれど……。

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●イラスト:藤原らんか

カタログスペックの数字だけがすべてじゃない!

身長が175cmとか180cmあれば、足着き性で乗れるバイクが決まってしまう、などという悩みはないだろう。

しかし小柄な女性で155cmとなると、とりわけビッグバイクではシート高の目安が780mm以下といわれ、選べるバイクも極端に少なくアメリカンタイプがほとんど。 それに男性でも165cmだと860mm以下といわれているものの、車種によってはシート形状やエンジン幅など、830mm表示でもつま先がやっと着く程度で、立ちゴケの危険度が高過ぎると感じて尻込みされてしまうケースも少なくない。

まずはカタログのスペック表記だけを信じないで、実車に跨がらせてもらい、ご自身で確認されるのをお薦めしたい。

ただ身長の低いライダーには辛いハナシだが、最新の高性能バイクほどシートが高い傾向にある。これはタイヤの性能やサスペンション、そして電子制御も含め旋回時に許容できるバンク角が深くなり、必然的にライダーが低い位置だと容易にステップが接地してしまう事情もある。

またコーナリングでライダーの体重を、後輪の旋回力アップへ活用するのに必要な位置関係(レーシングマシンはどれもシート位置が高い!)という理由も加わる。

というワケで、憧れのバイクのシート高をチェックしたら、足が着きそうにないのを知って愕然としたり、実車に跨がって両方のつま先さえ届かないのがわかり奈落の底へ突き落とされたり……いや、でも乗りたいバイクに乗るのが一番。

何とか足が届くようにできるかも知れない、いくつかの方法をご紹介しよう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報