発電に使う水平対向エンジン|モーサイ

「ボクサーエンジンのヤマハ」が大空を飛ぶ!ヤマハ発動機が新型ドローンのコンセプトを披露

2021年6月14日〜16日、千葉県の幕張メッセで「Japan Drone 2021 -Expo for Commercial UAS Market-」が開催された。このイベントは無人航空機の新技術や新制御、水中ドローンなどが展示、紹介されるもの。バイクでおなじみのヤマハ発動機はドローン用シリーズハイブリットコア コンセプトなどを始め、30年以上の歴史をもつ無人ヘリコプターを出展した。

●レポート:飯田康博 ●写真:飯田康博/ヤマハ発動機 ●編集:上野茂岐(モーサイ編集部

ヤマハ発動機「ドローン用シリーズハイブリットコア コンセプト SHEV」

今回初公開となった「ドローン用シリーズハイブリットコア コンセプト SHEV」は内蔵する水平対向エンジンで発電機を回し、その電気でモーターを駆動するための電源ユニット。

大雑把に言えば、ドローンに搭載できるポータブル発電機といってもいいだろう。エンジンを動力源ではなく、発電用としてのみ使う四輪の「レンジエクステンダー」に似ているかもしれない。

ガソリンエンジンを使うこの方式のメリットは燃料補給が簡単で連続飛行に向いていることだ。

大型電池や複数の電池を用意しなくていいし、組み合わせる機体性能を考慮しなくてはいけないが、航続距離を伸ばすことや積載重量を増やすことも容易となる。ヤマハとしては「現時点では可能性の提案」という位置付けでこのユニットを出展していて、機体設計や制御系などのノウハウを持つメーカーと組んで、運用してもらうこと想定している。

ヤマハが得意とするエンジン技術をドローンの世界で活かしていきたいという考えだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報