MV AGUSTA DRAGSTER 800 ROSSO×ライドハイ

【MVアグスタ ドラッグスター800ロッソ インプレ-02】俊敏さの先にある、高いスタビリティ

唯一無二のスタイルを持つ、異形のストリートファイターが「ドラッグスター800ロッソ」だ。そのハンドリングもまた、個性が際立ち、目まぐるしいほどの軽やかさと頑とした落ち着きが混在していた。

●文:ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真:長谷川徹

まるでシングルシーターのスタイリング

必要最小限というよりも、それ以下にすら見えるシート周りのデザイン。それがドラッグスターシリーズ共通のアイデンティティだ。この「ドラッグスター800ロッソ」においても例外ではなく、格納されているタンデムステップに気づかなければシングルシーターにしか見えない。

だからといって、「2人乗りがしづらい」とか「荷物の積載性が悪い」というクレームをつける人はいない。あまりに大胆で、他のなににも似ていないそのカタチにこそ、多くの人が魅力を感じているからだ。

845mmのシート高は、車体の大部分を共有する「ブルターレ800ロッソ」よりも15mm高く、内包材が硬いことも手伝って、足着き性にそのまま反映。平均的な体格の男性がまたがった場合、かかとが少し浮く。ただし、シート前部が絞り込まれていることと、後退したステップバーのおかげで足の上げ下げは容易だ。極小シートもパッセンジャー側に限ったことで、ライダー側の座面はごく平均的なもの。体重移動を妨げるものではない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報