Pick-up|ライドハイ

MotoGPライダー、中上貴晶が着用するIXONの春夏ウエアが上陸。アジアンフィットも用意!

1996年、フランスでイクソンというブランドが誕生した。世界的モーターサイクルアパレルブランドを目標に急成長し、今季はMotoGPクラスで5人のライダーが着用。その中には日本人唯一のMotoGPライダーである中上貴晶選手も含まれている。レース界でも存在感を放つ、その魅力とは……。

●文:ライドハイ編集部(村田奈緒子) ●写真:イクソンジャパン

MotoGPやMotoEなどレース界で34名のライダーが着用

2021年2月、日本人唯一のMotoGPライダーである中上貴晶選手とイクソンがライダー契約を交わした。

今シーズンより日本でも本格的に展開するイクソンは、96年創業の若手ブランド。創業者のティエリ・マニゲ氏は、25歳のときバックパッカーで世界中を旅し、国ごとに文化や経済があり、異なることを痛感。そして「何かやらねば」と奮起し、イクソンを立ち上げた。

ブランド設立当初から、世界を見据えていた。だからこそMotoGPへの挑戦も果敢なく攻めていき、多くのライダーと共に歩んできた。その本気度は高く、いまでは経験値の高いレーシングサービスのスタッフや、バイク専用のエアバックの開発に長けたスタッフが参画。確かなものづくりで、イタリアのアルパインスターズやダイネーゼにつぐ第3勢力として、MotoGP界でも存在感を発揮している。

日本のレースファンを増やしたい思いから、中上選手と契約を締結。レース界への想いは深く熱い。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報