〈動画〉ライディングスキルを見える化する「ヤマハライディングフィードバックシステム」体験レポート

「ヤマハ ライディングフィードバックシステム(YRFS)」体験記

ヤマハが行なっている2輪ライディングの基礎を学ぶスクール「ヤマハライディングアカデミー(YRA)」。このカリキュラムに、GPS機器を活用しライディング技術を視覚化する「ヤマハ ライディングフィードバックシステム(YRFS)」が導入される。このYRFSはライディングスキルの“見える化”が可能で、さらなる運転技術の向上が可能ということだが? 一体どんなものなのか。本当に意味がありそうなのか? フリーランスライターの谷田貝洋暁が体感してきた!

●テスター:谷田貝洋暁 ●取材協力:ヤマハ

「走りにメリハリを付けて~」とは、スクールでよく言われることだ。しかし、押し並べて“メリハリ”と言われても、ドコからドノくらい減速して、スロットルはドコで開けるの? 走行中に指示をもらっても、イマイチ実践しにくいものだ。技量やバイクが違えばアクセルやブレーキポイントも違ってくるからだ。

そんなジレンマを解消すべく、ヤマハが開発導入したのが「ヤマハ ライディングフィードバックシステム(YRFS)」。精度の高いGPSを使い、加速/減速の度合いをデータ化。走行軌跡に重ね合わせることで、どれだけアクセルが開けられているのか? ブレーキをどれだけかけることができているのか? つまりは走りのメリハリ部分を可視化することに成功したのだ。

実際に体感した感想としては、YRAが対象とする受講者は初心者がメインではあるものの、走行の状態/操作状況が明確に可視化されるので、自身のウィークポイントの洗い出しに非常に有効なシステムだと感じた。むしろ中級/ベテランにとっても、運転技術向上のための“新たな気付き”のチャンスとなるだろう。

YRFSが導入される予定のスクールスケジュール

  • 5月15日:福岡市立ヨットハーバー(福岡県福岡市西区小戸3-58-1)
  • 6月12日:京都府安全協会自動車練習場(京都府京都市伏見区淀樋爪町634-2)
  • 6月13日:ネスタリゾート神戸第3駐車場(兵庫県三木市細川町垂穂894-60)

…というわけで、YRFS詳細は下の映像をご覧あれ ↓


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

スズキ HAYABUSAの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 178価格種別 中古車 91

本体

217.35万円

価格帯 152.9~222.2万円

本体価格

本体

108.21万円

価格帯 45.37~190.85万円

諸費用

5.37万円

価格帯 13.58~25.61万円

諸費用

諸費用

12.73万円

価格帯 5.84~7.7万円

乗り出し価格

222.72万円

価格帯 166.48~247.81万円

乗り出し価格

乗り出し価格

120.95万円

価格帯 53.07~196.69万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報