ロードスター&カフェレーサー

〈動画〉ロイヤルエンフィールド兄弟ツイン比較試乗インプレ〈コンチネンタルGT650&INT650〉

ロイヤルエンフィールドのニューモデル、ヨーロピアンスタイルの「コンチネンタルGT650」と、バーハンドルの「INT650」。どちらも野太いトルクが持ち味の空冷270度パラレルツイン648ccエンジンを、ダブルクレードル形式のハリスフレームに搭載するモデル。大きな違いはハンドルをはじめとするポジションまわりだが、実はエンジンの味付けも違っていて!? レポーターはおなじみフリーランスライターの谷田貝”ヤタガイ動画”洋暁(身長172cm/体重75kg)。

【ROYAL ENFIELD CONTINENTAL GT 650】■全長2122 全幅744 全高1024 軸距1398 シート高793 最低地上高174(各mm) 車重198kg ■空冷4ストSOHC並列2気筒 648cc 47bhp/7150rpm 52.3kg-m/5250rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量12.5L ブレーキF=φ320ディスク R=φ240ディスク タイヤサイズF=100/90-18 R=130/70-18 ●色:黒 灰 白 青 鏡 ●価格:79万5000円~83万9000円

【ROYAL ENFIELD INT 650】■全長2122 全幅789 全高1165 軸距- シート高804(各mm) 車重202kg ■空冷4ストSOHC並列2気筒 648cc 47bhp/7150rpm 52.3kg-m/5250rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量13.7L ブレーキF=φ320ディスク R=φ240ディスク タイヤサイズF=100/90-18 R=130/70-18 ●色:鏡 銀 白/赤 黒 赤/黒 ●価格:77万6000円~82万1000円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報