インドでもアドベン人気です!

〈動画〉ロイヤルエンフィールド ヒマラヤ試乗インプレッション【ゆる〜いアドベンチャー!?】

’21年3月にオープンしたロイヤルエンフィールドの東京ショールームで、411cc単気筒のアドベンチャーモデル「ロイヤルエンフィールド ヒマラヤ」に試乗した。現在、バイク業界はアドベンチャーモデルが人気で、各社とも電子制御サスペンション/トラクションコントロールなどの先進技術を惜しみなく投入しているが、ロイヤルエンフィールドのヒマラヤは別の角度からアドベンチャーモデルにアプローチ。街中と若干のダートを走っただけだが、既存のアドベンチャーモデルとは違い、ストイックではなくちょっとゆる~い感じの世界観が楽しい1台に仕上がっている。レポーターはフリーランスライターの谷田貝”ヤタガイ動画”洋暁(身長172cm/体重75kg)。

【ROYAL ENFIELD HIMALAYAN】■全長2190 全幅840 全高1360 軸距1465 シート高800 サスペンションストローク:前200/後180 最低地上高220(各mm) 車重199kg ■空冷4ストSOHC単気筒 411cc 24.3bhp/6500rpm 3.2kg-m/4000-4500rpm 変速機5段リターン 燃料タンク容量15L ブレーキF=φ300ディスク R=φ240ディスク タイヤサイズF=90/90-21 R=120/90-17 ●色:白 黒 黒/赤 白/青 灰 ●価格:62万5000円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報