新車インプレッション|モーサイ

PCXユーザーはADV150に乗り換えたくなる? ターゲットど真ん中ライダーが試乗して考えてみた

●レポート:モーサイ編集部・上野 ●写真:柴田直行(ADV150)/雪岡直樹(PCX)/モーサイ編集部・上野

ホンダADV150は、ベストセラースクーターのPCX150をベースとしたSUVスクーター。街中でも見かける機会は多く、売れているなぁという印象だ。そんなADV150のターゲットユーザー像にピタリと当てはまる筆者が、ホンダの戦略にまんまとハマってしまうのか、実際に試乗して考えてみた。

ADV150のターゲットは、30代〜40代のPCXユーザーだという

ホンダが想定するADV150のターゲットユーザーは、PCXに乗っている遊び心を持った30代~40代で、次に何に乗るかを考えている人だという。

現在37歳で、125ccのPCX(eSPエンジン搭載の初代後期型)に乗っている筆者。「そろそろ乗り換えようかなぁ」なんて考えが昨今頭に浮かんでおり、まさにそのターゲットユーザーにドンピシャである。……遊び心があるかどうかは置いといて。

ただし、PCXは従来型から新型への乗り換えも少なくないという。それは凄くわかる。

使い勝手に快適性、燃費を含めた走りのよさ。PCXは初代から万能性の高いモデルだが、モデルチェンジのたびにそれを上回ってくる驚異のスクーターである。
PCXに乗っている限り不満は無く(街乗りはもちろん、ツーリングまで楽しめてしまうのだ)、気になるライバル・買い替え候補と言えば新型PCXしかないという状況になるのだ。

実際、現行型(3代目)PCXの開発陣にインタビューを行ったとき「新型を開発するにあたり、ライバルはそれまでのPCXだった」とおっしゃっていたのを思い出す。

そして自分もPCXから乗り換えるなら、最新のPCXだろうと思うひとりだった。

→全文を読む|写真×9点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報