プレス材のフレーム技術はアイツに転用可能?!

ダックス125への布石も?! 手頃な価格&サイズの原付二種スクーター「Dio110」全面刷新で2/25発売

ホンダは、原付二種スクーター「ディオ110(Dio110)」をフルモデルチェンジして発売する。新設計エンジン「eSP」を搭載し、軽量・高剛性フレーム「eSAF」、スマートキーなどを採用。新フレームは高張力鋼板を使用したプレス材だが、これが近く登場見込みのダックス125の連想させて……。

カテゴリー別アーカイブ:スクーター

スマートキー採用で低燃費、価格はリーズナブルな24万2000円~

ホンダは新型「Dio110」を発表。新設計の空冷4ストロークSOHC単気筒エンジン「eSP」を搭載し、新フレーム「eSAF」を採用する。また、スマートキーシステムや、低燃費運転をサポートするECOインジケーターなど、使い勝手を高める装備も充実した。

新設計エンジンのeSPは、燃焼効率を向上させるべくロングストローク化され、内径×行程[47.0×63.1mm(従来は50.0×55.1mm)]の109ccとしたうえで圧縮比は9.5→10.0に高圧縮化。最高出力の数値は9.0ps/7500rpm→8.7/7500rpmとなったものの、低中回転域のトルクを向上させ、軽快で力強い走りとした。また、駆動系には高効率なダブルコグドベルトを採用している。

注目はフレームだ。高剛性&軽量化を実現した新設計eSAFフレームは、高張力鋼板(ハイテン材)を使用したプレス成型で、骨格の溶接をレーザーて行うというもの。従来の鋼管フレームよりも縦方向の外力に強いといい、軽量化とともにサスペンションが路面から受ける衝撃の吸収力も高めている。

コチラがDio110のフレームを撮影したもの。ボディパネルに隠れてよく見えないが、写真の明度を上げると確かにプレス材を用いていることがわかる。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

eSAF=Enhanced Smart Architecture Frame……こちらは海外仕様の同フレーム。ギャップに強い大径ホイールなどと相乗効果が期待できる。

なぜ注目なのかと言えば、このプレス材フレームの技術が、近く登場を噂されるブランニューモデル「ダックスST125」に採用されるのでは、と思えてならないからだ。往年のダックス50などはプレス材をモナカ合わせにしたメインフレームが燃料タンクを兼ねているのだが、このスタイリングを現代に蘇らせるには同様のフレームの採用が不可欠。そこへきてDio110の新設計フレームなのである。加工精度の高いプレス材をレーザー溶接することで、精度やコストの面でも現代的な要件を満たせるはず。これは注目せざるを得ないだろう。

公表発売中のヤングマシン本誌2021年3月号では、ST125 DAXの名称でスクープ記事をお届けしている。 [写真タップで拡大]

Dio110は白、銀の2色に加えて、マットカラーの青、黒も設定。前者は24万2000円で、後者は専用の立体エンブレムとグレーのシートステッチを追加して24万5300円となっている。発売日は2021年2月25日だ。

HONDA Dio110[2021 model]

HONDA Dio110[2021 model]主要諸元■全長1870 全幅685 全高1100 軸距1255 シート高760(各mm) 車重96kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC 109cc 8.7ps/7500rpm 0.92kg-m/5750rpm 無段変速 燃料タンク容量4.9L■タイヤサイズF=80/90-14 R=90/90-14 ●価格&色:白、銀=24万2000円/青、黒=24万5300円 ●発売日:2021年2月25日

HONDA Dio110[2021 model]

HONDA Dio110[2021 model]パールジャスミンホワイト [写真タップで拡大]

HONDA Dio110[2021 model]

HONDA Dio110[2021 model]パールジャスミンホワイト [写真タップで拡大]

HONDA Dio110[2021 model]

HONDA Dio110[2021 model]ディセントシルバーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA Dio110[2021 model]

HONDA Dio110[2021 model]マットスターリーブルーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA Dio110[2021 model]

HONDA Dio110[2021 model]マットスターリーブルーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA Dio110[2021 model]

HONDA Dio110[2021 model]マットギャラクシーブラックメタリック [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報