スーパーバイク世界選手権×ライドハイ

SBKでジョナサン・レイが前人未到の6連覇!! 過去にはどんなチャンピオンがいた?

2020年シーズンのスーパーバイク世界選手権で、カワサキレーシングチームのジョナサン・レイ選手が前人未到の6連覇を達成した。2000年代に入ってから他メーカーもタイトルを獲っているが、ここ最近のカワサキの強さは圧倒的と言えるものだ。

圧倒的な強さと安定感で6回連続のシーズンタイトルを獲得

川崎重工業のファクトリーチームである「カワサキレーシングチーム」からスーパーバイク世界選手権にNinja ZX-10RRで参戦しているジョナサン・レイが10月17日のエストリルサーキット(ポルトガル)のRace1で前人未到のシリーズ6連覇を達成した。

カワサキはジョナサン・レイ、アレックス・ロウズ、シャビ・フォレスの活躍によって、マニュファクチャラーズタイトルも6連覇した。

いったいカワサキ圧勝はいつまで続くのか? ホンダは2007年、ヤマハは2009年、スズキは2005年、ドゥカティは2008年以来タイトルから遠ざかっている……。

2001年~2020年までのチャンピオンを見てみよう。

→全文を読む|映像+写真4点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報