蘇る2005年型のゼファーグラフィック

ゼファーの再来!? カワサキ「Z900RS」黒×銀の新色、本日11/1発売でイエロータイガーと2本立てに

  • 2020/11/1
カワサキZ900RS

カワサキは、2018年&2019年のベストセラーに輝いた大人気モデル「Z900RS」に2021年モデルとして新色を設定。黒ベースに水平の銀ラインを引いたニューカラーは、2005年のゼファーシリーズを思い起こさせる。従来色のキャンディトーングリーン(イエロータイガー)は継続。

その手があったか! 往年のカラーリングをオマージュ

カワサキはZ900RSのニューカラーを発表。黒ベースに銀の水平ストライプを引いたグラフィックは落ち着きの中に走りのよさをイメージさせるもの。これにはおそらくモチーフがある。2000年代のゼファーシリーズ(χ/750/1100)は、ベースカラーに水平ストライプというグラフィックを多く採用しており、その中で2005年モデルが黒×銀の組み合わせだった。

じつはゼファーシリーズには青ベースにゴールドライン、ブラウンベースにゴールドラインといった組み合わせもあり、今後もZ900RSのモチーフカラーとして似たカラーリングがラインナップされていく可能性もあるだろう。

Z900RSは2018年モデルとして最初に登場して以来、日本の大型バイクカテゴリー(401cc以上)で2018年、2019年と2年連続トップセラーに輝いている大人気車種。もちろん今年度も引き続きセールスは好調だ。クラシカルなスタイルに現代の性能と信頼性を融合し、滑らかかつ味わいのあるフィーリングの4気筒エンジンや自然なハンドリングでファンの心をわしづかみに。往年のZ1を思わせるスタイリングは、当時のファンと新たなファンの両方に指示されている。

2021年の主な変更点はカラー&グラフィックの変更のみ。従来の黒(メタリックディアブロブラック)が廃止となり、キャンディトーングリーン(いわゆるイエロータイガーがモチーフ)は継続色に。新色のエボニーと2色のラインナップとなる。価格は据え置きの135万3000円、発売日は2020年11月1日。

[写真タップで拡大]

参考:2005年モデルのゼファーχ(400)

[写真タップで拡大]

参考:2005年モデルのゼファー750

[写真タップで拡大]

参考:2005年モデルのゼファー1100

KAWASAKI Z900RS[2021 model]

【KAWASAKI Z900RS[2021 model]】主要諸元■全長2100 全幅865 全高1150 軸距1470 シート高800(各mm) 車重215kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:135万3000円 ●色:黒、緑×黄 ●発売日:2020年11月1日

カワサキZ900RS 2021

KAWASAKI Z900RS[2021 model]エボニー(BK2)

カワサキZ900RS 2021

KAWASAKI Z900RS[2021 model]エボニー(BK2)

カワサキZ900RS 2021

KAWASAKI Z900RS[2021 model]エボニー(BK2)

カワサキZ900RS 2021

KAWASAKI Z900RS[2021 model]キャンディトーングリーン(GN1)※継続色

カワサキZ900RS 2021

KAWASAKI Z900RS[2021 model]キャンディトーングリーン(GN1)※継続色

カワサキZ900RS 2021

KAWASAKI Z900RS[2021 model]キャンディトーングリーン(GN1)※継続色

●情報提供:カワサキモータースジャパン
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2