マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ミラノショーで見つけたカスタム車を紹介

Z900RSのヨシムラカスタムはララバイ仕様!?【見た目ほぼセパハンで新マフラー&ステップも】

ミラノショーのヨシムラブースには、注目の新型カタナとともにもう1台のカスタムバイクが展示された。それがこのZ900RSというわけだが、カラーリングは欧州で標準ラインナップされるノーマルカラーのままで、マフラーとバックステップ、そしてハンドルバーとフェンダーレスキットが主な変更点。なのに、編集部ではそのたたずまいがある漫画に出てくるバイクによく似ていると話題になり……。

これ、なんかケンジ君のゼッツーぽくない?(ざわ……)

研二君とは、もちろん有名な「あいつとララバイ」の主人公である。彼の乗っていたZ2(ゼッツー)は、真っ赤なフレームに赤×白のボディが鮮やかで、セパレートハンドルによって空冷直4カフェレーサーの先駆けのような存在となっている。1年ほど前にはYMでも「2018新型Z900RSララバイ仕様が発売に!!」というスクープ記事(コチラ)を制作し、Z900RSベースでのララバイ仕様は「アリ!」と目していた。そんなこんなで時は経ち、この11月にミラノショーを取材していた際にスズキブースからヨシムラブースへと人々の荒波に揉まれながら、疲れ果てた記者がやっとの思いでたどり着いたとき、出会ってしまったのである(やや脚色しています)。

なんというか、塩梅がとてもちょうどいいのである。別にフレームが赤いわけでも、セパハンが装着されているわけでもないのに。もちろん見た目的にはマフラーによる効果も大きいのだが、そのハンドルの垂れ角と、テールカウルの長さ感。

【Z900RS Customized by YOSHIMURA】本当にいい塩梅である。漫画のララバイ仕様はさらにハンドルマウント位置が低く、垂れ角も多めなのだが、実用性も考えると、このくらいがちょうどいいのではないだろうか。あとはミラーの選定がキモになりそう。

え? これってセパハンじゃないの? とお思いでしょう。記者も思いました。そこで見ていただきたいのがもう1枚の写真。じつはフラットなパイプハンドルを逆付けするという荒業……でもないか、とにかくシンプルな工夫で雰囲気を作り出しているのである。そう、バーハンなのである。バーハン。

バーハン。

ノーマルでは往年のZ1よりも縦の高さ感があり、ゆえに全体にやや短い雰囲気があるZ900RSだが、このシンプルかつ現実的な変更によって低く長くという往年のカスタムイメージが甦ってきている。このスポーティな雰囲気は’80年代のレプリカブームに至る前、その過渡期の峠カスタムにも通じるスタイルと言えよう。今風に言うなら、やはりカフェレーサーということになるだろうか。

手曲げサイクロン

手曲げ、そしてサイクロン。もうそれだけで買いという人も少なくないだろう。4in1集合のレーシング手曲ストレートサイクロンは東京モーターサイクルショーやテイスト・オブ・ツクバで先行公開されていたもので、8月に発売された。政府認証・車検対応の手曲ストレートサイクロンも開発を進めているとのことなので期待したい。それはともかく、このスタイリングには惚れ惚れする。スチール管ならではの荒々しい響き(コチラの記事参照)も、最近のチタン管やステンレス管とはひと味違っている。

【レーシング手曲ストレートサイクロン】手曲げゆえの緩やかなカーブ。

サイレンサーはこんな感じ。

ステップはヨシムラの新ブランド「X-TREAD」

11月10~11日のテイスト・オブ・ツクバでも公開された新ブランドのバックステップも装着されていた。マフラーに合わせてステップもヨシムラで揃えたいという声に応える形でリリースされるもので、12月中旬に受注開始予定とされている。赤×グレーのヨシムラカラーにちなんで「スレートグレー」と名付けられた渋めのガンメタのような色は、ファン待望の一品といっていいだろう。詳細は関連記事(コチラ)を参照されたし。

ブレーキペダル側。周囲に色とりどりの光があったため黄色がかっているが、本来はグレーである。

チェンジペダル側。こちらの色味のほうが実物に近い。ステップバーのローレットはレーシー。4ポジション可変機構になっているのが見て取れる。

エンジンケースガードKITの「プロシールド(PRO SHIELD)」はすでに発売中。こちらはジェネレーターカバー。

エンジンケースガードKITの「プロシールド(PRO SHIELD)」はすでに発売中。こちらはパルサーカバー。

最後にもう一度そのたたずまいを。欧州のナンバープレートに合わせたフェンダーレスキットになっているが、雰囲気はつかめるはず。

【Z900RS Customized by YOSHIMURA】

「2018新型Z900RSララバイ仕様が発売に!!」はこちら

「ヨシムラがバックステップを開発中!」はこちら

 

写真をまとめて見る

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->