コンプリートマシンかくあるべしを体現

TMAX560/テックマックス RC甲子園コンプリート試乗インプレ【発進加速の差が顕著】

  • 2020/9/14
TMAX560/テックマックス RC甲子園コンプリート試乗インプレ【発進加速の差が顕著】

530㏄にアップした’12年モデル以降、TMAXのコンプリートマシンを手掛けてきたRC甲子園が、’20年型のTMAX560/テックマックスでも同様のRCKコンプリートをリリース。動力性能のアップ分に対してシャーシ、ブレーキとも十分に許容範囲であり、パッケージングは崩れていない。ヤマハ車を知り尽くしたRC甲子園らしいアップグレードだ。

[◯] 発進で3車身以上の差。車体との相性も良好だ

別記事で紹介したように、排気量を561ccにアップした新しいTMAXは、スポーティなだけでなく上質さも兼ね備えたマキシスクーターだ。RC甲子園のコンプリートマシンはこれをモディファイしてさらに速くしたということで、パワフルなSモード同士で比べてみた。 

その違いは、発進してすぐに体感できた。加速中に常用する回転域が明らかに高いのだ。STDが5000rpm付近を維持しながら速度を上げていくのに対し、コンプリートマシンは6000rpm以上でグングンと加速していく。試しに2台で加速性能を比べたところ、ゼロ発進では60km/hに到達するまでに目測で3車身以上の差が開き、体感だけでなく実際にも速いことが証明された。一方で、50km/hからの中間加速ではほとんど差が付かなかったことから、信号発進の多い市街地走行ほど恩恵を受けやすいと言える。

なお、動力性能のアップ分に対してシャーシ、ブレーキとも十分に許容範囲であり、パッケージングは崩れていない。ヤマハ車を知り尽くしたRC甲子園らしい内容だろう。

[RC甲子園]RCKコンプリート TMAX560 テックマックス ABS M

外観上での差異は立体エンブレムの末尾に追加されたMのゴールドステッカーのみだ。まさに羊の皮を被ったマシンといっていい。 [写真タップで拡大]

[RC甲子園]RCKコンプリート TMAX560 テックマックス ABS M

ダイナモでの最高速はRCKコンプリート、STDどちらも168km/hとなっている。 [写真タップで拡大]

[RC甲子園]RCKコンプリート TMAX560 テックマックス ABS M

ピークパワーはSTDの38.19psに対し、コンプリートマシンは43.15psにアップ。 [写真タップで拡大]

[△] ジェントルさは減少。価格は3万アップに

スロットル微開でもSTDに対して1000rpmほど高い回転数を維持するので、エンジンの存在感が強まってしまった。また、先代はSTDと同価格だったのが、560ではプラス3万3000円に上昇。

[こんな人におすすめ] 「コンプリートはかくあるべし」を体現したマシン

モディファイの内容は明らかにされていないが、ノーマル車との違いは明瞭。いくらTMAXが速いとはいえ、いずれその加速力にも慣れてくるので、だったら最初からこれを、と思う人がいても不思議ではない。ぜひ試してほしい。

このコンプリート車が購入できるのは、RC甲子園が認めた高い技術力を持つRコンセプト店のみで、現在のところ以下のYSP店舗がそれに該当する。

YSP 仙台|八王子/福生東支店|川崎中央|横浜南|豊橋南|名古屋西|滋賀|大阪箕面/甲子園支店|大阪東|神戸中央|香川

YSP川崎中央
[写真タップで拡大]

【車両協力:YSP川崎中央】神奈川県川崎市中原区井田中ノ町17-19 TEL:044-755-1141 http://www.ysp-top.co.jp/

●まとめ:大屋雄一 ●写真:真弓悟史
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

『ヤングマシン』にて厳正なる新製品テストを担当するベテランモーターサイクルジャーナリスト。