サーキットでTMAX 530と新旧対決!

【映像】’20ヤマハ新型「TMAX 560」で激攻め走りにチャレンジ……この速さはヤバイ!

  • 2020/4/24

2020年5月8日に発売されるヤマハの新型「TMAX 560 TECH MAX」に早くも試乗! 今度のヤツは相当にスポーティだとヤマハも自信をのぞかせている……。じゃあ、というわけで筑波サーキット・コース1000に持ち込み、大人げない新旧比較を敢行したぞ!

ラップタイム差、なんと約2秒!?

全国2000万ヤングマシン読者の皆さんにお届けする、ヤマハのオートマチックスポーツ「TMAX」シリーズの新旧対決! 31ccの排気量アップと洗練されたデザインで生まれ変わったTMAX 560 TECH MAXを筑波サーキット・コース1000に持ち込み、従来型のTMAX 530 DXとタイムアタックを含む比較試乗を行った。テスターは丸山浩だ。

映像を見てもらえればわかるとおり、冒頭の発進加速からすでに違いは明らかだが、さらにスクーターとは思えない深さのバンク角(これは新旧とも同等)で攻めていくと、我々が予想したよりもはるかに大きなタイム差が……!

なんといっても違いが顕著なのは立ち上がり加速だ。ヤマハが発表した資料によれば中高速域の加速特性の向上が主だというが、明らかに低中速域も力強い。丸山によれば3000~5000rpmの領域でコーナー立ち上がりから直線における最高速度まで従来型を大きく上回っている。

ライバル勢の台頭やラグジュアリー傾向のデザインで、ややスポーティなイメージが薄れがちだった従来型だが、こちらも十分にスポーツできるバイクである。にもかかわらず、TMAX 560はこれの上を行っているわけだ。

初代TMAXが登場した時には、その高いスポーツ性が多くのバイクファンを驚かしたが、今度の新型TMAX 560は原点に帰ったと言えるのかもしれない。

テスターは丸山浩。TMAXのスポーツ性の高さに驚いて飛び上がった?! 今年56歳の身体能力を見よ! [写真タップで拡大]

TMAX 530 DX

従来型のTMAX 530 DXも十分にスポーティな走りを見せるが……。 [写真タップで拡大]

YAMAHA [TMAX 560 TECH MAX]vs[TMAX 530 DX]スペック比較

TMAX 560 TECH MAXとTMAX 530 DX

【左】TMAX 560 TECH MAX[2020]/【右】TMAX 530 DX[2019] [写真タップで拡大]

【 TMAX 560 TECH MAX[2020]】主要諸元■全長2200 全幅765 全高1420 軸距1575 シート高800(各mm) 車重218kg[TECH MAX=220kg](装備)■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 561cc 48ps7500rpm 5.7kg-m/5250rpm V-ベルト無段変速 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=120/70R15 R=160/60R15 ●価格:127万6000円[TECH MAX:141万9000円] ●色:TMAX560=マットグレー/TEMAX560 TECH MAX=マットグリーニッシュグレー、マットダークグレー ●発売日:2020年5月8日

【 TMAX 530 DX[2019]】主要諸元■全長2200 全幅765 全高1420 軸距1575 シート高800(各mm) 車重218kg[SX=215kg](装備)■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 530cc 46ps6750rpm 5.4kg-m/5250rpm V-ベルト無段変速 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=120/70R15 R=160/60R15

最新の記事

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)